• 運命を変える眉メイクlesson

知らなきゃ損するメイクテク。余りがちな「淡色パウダー」の意外な使い方とは

アイブロウパウダーのパレットに入っている淡い色のパウダー。使い方が分からず、いつも余ってしまう…というひともすくなくないみたい。美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんいわく、淡色パウダーを活用することでメイクの仕上がりをグンとアップさせることができるのだそう。

そこで今回は玉村さんに、淡色パウダーの便利な使い方を3つ教えていただいた。

1. ノーズシャドウで目鼻立ちUP

眉メイクの仕上げに、ノーズシャドウとして使用すると目や鼻の彫が際立ち、目鼻立ちがハッキリします。

コメント: 玉村麻衣子さん

指やふさっとしたラウンドブラシに淡色パウダーをとり、眉頭~目頭の横まで3往復程度すべらせるだけでOK。顔に立体感が出るのでおすすめなのだそう。

2. 眉下に影を入れて彫深顔に

眉メイクの仕上げに淡パウダーを眉下ラインとまぶたの境目に入れると、眉下に影ができて目もとの彫が深くなって見えます。

コメント: 玉村麻衣子さん

ふさっとしたラウンドブラシにとり、眉下ラインをなぞるだけでOK。目と眉の距離が縮まって見えるという嬉しい視覚効果も期待できる。

3. 眉全体にのせて眉色をマイルドに

眉メイクの仕上げに淡色パウダーを眉全体にのせることで、眉色をマイルドに見せることができます。

コメント: 玉村麻衣子さん

淡色パウダーをふさっとしたラウンドブラシにとり、眉全体に軽くのせるだけでOK。眉マスカラのように眉毛自体の色を緩和させることはできないけれど、眉全体をワントーンまろやかに見せることができるのだそう。

余りがちな淡色パウダーは、実はとても便利なアイテム。顔のメリハリ濃淡をつけるのに、もっと活用してみて。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend