“今どき顔”美人が「やめたメイク」って? 顔が洒落る“一軍コスメ”を拝見

ファッション×メイクのバランスがいつも可愛い、おしゃれプロのDIESELプレス・田中久子さんの、「今年の夏の一軍コスメ」を拝見。夏日が続く今、夏ムードをつくるトータルコーディネートの参考にしてみて。

おしゃれプロに聞いた、2021夏の「一軍コスメ」

出典: ライター撮影

夏はオレンジメイクがしたくなるという田中さん。どんなアイテムを使っているのかさっそくチェック。

出典: ライター撮影

出典: ライター撮影

「やわらかい目になって、抜け感がでる」と話す田中さんが使っているのは、赤みの強いオレンジブラウン色のパーシモン。明るすぎず暗すぎないカラーで、ナチュラルだけど印象的な目もとを演出してくれる。

出典: ライター撮影

出典: ライター撮影

田中さんが愛用しているのは、ADDICTIONの名品・ザ アイシャドウの「リゴレット」。肌馴染みの良いゴールドベージュで、繊細なパールが程よいツヤ感を与えてくれる。こちらを単色塗りしているそう。

出典: ライター撮影

出典: ライター撮影

リリカルリップブルームは「マットすぎず、ツヤツヤしすぎず、ちょうどいい質感」と話す田中さん。色違いで揃えるほどお気に入りだそう。明るい発色で表情をやわらかくするコーラル色は、真夏にぴったり。

出典: ライター撮影

出典: ライター撮影

マスカラ後の仕上げにも、眉マスカラとしても使える透明マスカラ。眉頭の毛並みを立ち上げるように塗って、ナチュラルな立体感をプラスしているのだそう。

このときアイブロウパウダーは眉尻メインで載せて、眉頭には載せず、マスカラでつくった毛並みを強調するのも、ナチュラルおしゃれに仕上がるポイント。

ファッションとのバランス。シンプル服の外しに、カラーマスカラ

出典: 田中久子さん撮影

出典: 田中久子さん撮影

ブラウスVINTAGE、タンクトップHYKE、パンツUNIQLO、スニーカーNIKE、バッグDIESEL

ヴィンテージのチロルブラウスは丈が短めなので、ハイウエストパンツと好相性。インナーに同色のタンクトップを入れて長さを足して、スニーカーでカジュアルにまとめました。

コメント: 田中久子さん

カラーマスカラはシンプル服の外しにぴったり。差し色のバッグのカラーとリップを合わせてオレンジに。

ここ一年で、アイラインをやめた

「マスクで顔が半分しか見えてないから、アイラインを引くとトゥーマッチ」と話す田中さん。ここ一年でナチュラル志向が強くなって、アイラインを引かなくなったんだとか。

顔半分のなかでカラーメイクをすると、それだけで“メイクしてる感”が出るので、アイラインをなくすと好バランスに。

田中さんのメイク術を参考に、ニューノーマル時代のメイクは黒で引き締めることよりも、抜けをつくりながら色で遊ぶバランスを意識してみて。

取材協力 DIESELプレス/田中久子さん

text : 髙橋紗代

supervised by

DIESELプレス
田中 久子

DIESEL,DIESEL BLACK GOLDのショップスタイリストを経てプレスに抜擢。販売経験を活かした着まわし方やエッジの効いた女性らしいスタイルを紹介。

Recommend