• 現場のスクショ話

【体験レポ付き】顔のうぶ毛を剃ると濃くなるって本当? すっぴん肌美人に聞いたお手入れ方法

いつも綺麗でお肌も美しいなと思っていた肌美人さんに、「お手入れ何をしていますか?」と聞いてみたら、意外な答えが……。

それは「お顔のうぶ毛処理」を月1でプロにお任せしているということ。

そこでby.S編集Nが、実際に肌美人に聞いた月1うぶ毛処理を体験してきた!すっぴんでも気分が上がる理由にもなった感動体験を、ビフォーアフターや施術の内容、感想などお伝え。

顔のうぶ毛を処理するといいことって?

お顔のうぶ毛を処理すると、うぶ毛がなくなることで化粧ノリが良くなるだけでなく、スキンケアの入りもよくなる。また、日本人は毛が黒いので取り除くだけでトーンアップをはかることも可能!

さらに、きちんとシェービングのプロに任せれば、毛と一緒に古い角質を取り除くことができて、ターンオーバーを整えることも。繰り返し通うことで、角化周期の改善できるので、もはやスキンケアの1つにもなるんだとか。

素肌美人を目指したい人にとって、いいことばかり!

「うぶ毛を剃ると濃くなる」は都市伝説!?

「うぶ毛を剃ると濃くなる」とよく聞くけれど、これは勘違い!

シェービングはスキンケアの要である角質ケアに大変効果的で、シェービングでは毛は濃くはなることはなく、適切なシェービングをすれば肌に負担をかけないそう!

レディスシェービングサロンに行ってみた

うぶ毛は自分で処理してきた編集N。早速、肌美人さんがおすすめしていたうぶ毛処理ができるレディースシェービングサロンに早速行ってみることに。

今回お伺いしたのは、レディスシェービングサロンfini

出典: fini体験風景

自分で処理したときは、終わったあとヒリヒリしたり、負担がかかっているかもと心配になることが多かった。でも、施術中は、泡に包まれてすこ〜しお肌に何かが当たっているような感じがするだけ。

ついウトウトしてしまうほど気持ちがよかったです。

コメント: 編集N

出典: fini体験風景

今回受けたのは、「リフレッシュ キャンペーン」で通常メニュー「ブライトアップスキンシェービング」と、人気オプションメニュー「小顔トリートメント」を融合させた限定メニュー。(5月31日まで)

<コース内容>
カウンセリング⇒クレンジング⇒小顔トリートメント⇒ハイドレーション⇒シェービング⇒美容液塗布⇒モイスチュアパック⇒フィニッシュケア

顔筋の凝りを和らげるフェイストリートメントを取り入れたメニューで、なかなか動かすことのなくなった顔の筋肉へのアプローチも叶えてくれる。

出典: fini体験風景

顔のシェービングだけでなく、トリートメント、さらにはマッサージまで。一気にできるといくつもサロンに通う必要がなくなるので、嬉しい!

シェービングが終わってみて

マッサージのおかげで、顔がひとまわりスッキリ!さらに自分のお肌ってここまでツルツルだったんだ…と驚きました。自分で処理していたときにはここまでの変化を感じられなかったので、やはりプロの手で綺麗に古い角質まで除去してくれたおかげなのだと実感。

顔を洗うときに水に触れる感覚さえも違って感じました…!

すっぴんでいるときの心地よさが格段に変わった気がします。

コメント: 編集N

マスクによる肌トラブルに悩む人にもおすすめ

最近は、マスクが原因の肌トラブルを感じる人も多い。

肌への摩擦や汗、冷暖房による乾燥などの刺激を受けると、肌を守ろうとして顔の表皮の角質層が厚くなる。マスクによってそれがさらに加速してしまうのだそう。

角質層が厚くなったまま放置すると様々な肌トラブルの原因に。でも、古くなった角質は洗顔だけで落とすことができない。シェービングでうぶ毛と一緒に、古い角質が定期的に除去されることで、空気中の汚れや雑菌がつきにくい肌へ。

ニキビなどに悩んでいる人にもシェービングはおすすめ!

4月1日(木)~6月30日(水)まで期間限定
「リフレッシュ キャンペーン」 90 分 13,750 円(税込)

限定メニュー実施店舗~11 店舗で実施~
渋谷ヒカリエ ShinQs、日比谷シャンテ、京王百貨店新宿店、西武池袋本店、東武百貨店池袋店、横浜店(そごう横浜新都市ビル)、そごう千葉、名鉄百貨店、阪急梅田 17 番街、大丸梅田、京都店※ビューティギャラリー 横浜タカシマヤ・大丸神戸店では実施しておりません。(営業時間は各館のHPよりご確認ください)

Channelバックナンバー

現場のスクショ話

配信日:土曜日(不定期)

by.S編集部が思わず現場でスクショした、いますぐ使える情報をお届け。

text : by.S編集部

supervised by

公式
by.S編集部

最新ファッション・美容情報に日々揉まれながら、美の修行中。プライベートではアート、ダンス、韓国、バンド…と個々に芸を肥やす、アラサー世代の編集部。
by.Sチャンネル「現場のスクショ話」で土曜日(不定期)配信中!

Recommend