• あとは小顔になるだけ。セルフかお整体

くびれの近道は“骨盤”にあり。整体師直伝・お腹凹ませ&くびれに効く方法

なかなかできない"くびれ"。それって骨盤まわりが固まってしまっているからかも…。予約1ヶ月待ちの人気サロン「整体Filament」の人気整体師・川島悠希さんいわく、しっかりほぐしてからの筋トレを習慣化させるだけで大幅に効果がアップするのだとか。

そこで今回は、くびれを作るために効果的なストレッチとお腹まわりのトレーニングをご紹介。

夏こそクロップトップスが着たい!…けど、くびれ無し

食事制限や普通の運動をするだけではなかなか手に入らないくびれだけれども、川島さんいわく、くびれまわりの筋トレに骨盤のストレッチを組み合わせだけで、早く効果を感じることができるのだそう。

骨盤が倒れた状態だと、くびれはできにくいです。しっかり骨盤が起きやすいようにストレッチしてから筋トレするのがくびれへの近道です。

コメント: 川島悠希さん

そこで今回は、整体不要で自宅でできちゃうセルフ骨盤ほぐしと、腹横筋や腹斜筋を鍛えるくびれトレーニングをレクチャーしていただいた。

整体師直伝・くびれを作る1日3分のトレーニング

準備

まずはバスタオルを準備し、2回折りたたんで、くるくると固く丸めたものを用意する。ストレッチポールを持っているひとは、そちらを使用して。

出典: ライター撮影

1. 骨盤ストレッチ(1分間)

床に座った状態で、先ほど丸めたバスタオルを腰の1番下に潜り込ませる。脚を曲げたときの曲がり角の下にタオルがくればOK。

出典: ライター撮影

その状態で、仰向けになる。両足をピンと伸ばし親指の先同士をくっつけ、両腕は上にピンとのばす。股関節の下にタオルがある状態のまま、上と下に引っ張られる感じで1分間キープする。

出典: ライター撮影

これで骨盤の筋肉(大腰筋)をしっかり伸ばすことで、骨盤が倒れたのをすこしずつ起こしていき、くびれができやすいようにしていきます。

コメント: 川島悠希さん

深く深呼吸をしながら伸ばすとさらに効果アップ。骨盤が倒れてきてしまうと、くびれができにくくなってしまうので、しっかり伸ばしていきましょう。

2. ロシアンツイスト(1分間)

座った状態で脚を曲げ、足先を浮かす。

出典: ライター撮影

脚を浮かした状態のまま、からだを左右をねじる。

しっかりお腹を意識しながらねじりましょう。

コメント: 川島悠希さん

出典: ライター撮影

これを1分間おこなう。最初はバランスをとるのが難しいので、適度に休憩をはさみながらやってみて。

3. 振りプランク(1分間)

両手両足を肩幅に開き、肘とつま先の4点に重点を置き、プランクの姿勢をとる。

出典: ライター撮影

その姿勢のまま、おしりを左右にゆらす。床につくくらいまでしっかりとゆらして。

出典: ライター撮影

この運動は、腹横筋や腹斜筋を鍛えて、体幹を強化してくれます。

コメント: 川島悠希さん

おしりが浮かないように注意!頭から脚まで、まっすぐになるように意識しておこなって。

もっとくわしくやり方を知りたいひとは、こちらの動画をチェックしてみて。

出典 YouTube

いくら運動してもきれいにくびれず、骨格や体質のせいかな…と諦めかけていたそこのあなた。ほぐしてからのお腹まわりの筋トレを習慣化させ、夏までに自分史上最高のくびれを手に入れましょ。

取材協力 整体Filament代表/川島悠希

Channelバックナンバー

あとは小顔になるだけ。セルフかお整体

配信日:日曜日(不定期)

人気整体師が、スキマ時間にできる簡単&即効マッサージ方法を伝授。

text : by.S編集部

supervised by

整体Filament代表 美容整体師
川島悠希

「整体Filament」代表。技術力の高さに顧客が絶えず、予約の取れない整体師と話題に。女性誌・TV出演、セミナー登壇他、多方面で活躍中の美容整体師。
by.Sチャンネル「あとは小顔になるだけ。セルフかお整体」で日曜日(不定期)配信中!

Recommend