• 運命を変える眉メイクlesson

まだその眉メイクしてるの…?時が止まっている「のっぺり平面眉」の特徴

いまの眉メイクのトレンドは、フサッとした毛並みが感じられる自然で立体的な眉。しかし、トレンドに逆行するように、べったり海苔のような眉に仕上がっているひともすくなくない…。

そんなのっぺり平面眉の女性たちを救うべく、美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんが残念に見えてしまうNGポイントを解説。明らかに描いた感ある眉は卒業して、まるでもとから美眉のような自然な眉をめざしましょ。

NG① 眉毛を短く切り揃える

眉カットの際に、芝刈りのように眉毛の長さを切り揃えているひともすくなくない。しかしこれはNG!

毛並みが感じられなくなることから、眉毛の立体感が失われてしまいます。

コメント: 玉村麻衣子さん

眉毛は長さを一律切り揃えるのではなく、眉メイクからはみ出た部分や、長さが気になる部分のみカットするのがポイント。

NG② 眉色が均一になるように描く

「眉色は均一にしなければならない」と思っているひとも多いけれど、実は均一にし過ぎるのはNG!眉色が均一だと眉に立体感が感じられなくなり、平面的な印象に…。

眉はもともと眉中が1番濃く、眉頭や眉尻はそれよりやや薄めに生えています。

コメント: 玉村麻衣子さん

眉メイクをするときも、眉中が1番濃くなるようにすることで、自眉のような立体感を再現することができるのだそう。

NG③ 輪郭をぼかしていない

描いた眉の輪郭がハッキリしていると、見るからにのっぺり…。紙に絵を描いたような平面的な仕上がりに。

輪郭がハッキリしてしまった場合、スクリューブラシで輪郭をぼかすのがおすすめです。

コメント: 玉村麻衣子さん

すこしぼかしただけでも十分自然に仕上がるのだそう。

見るからに描いてる…って感じののっぺり眉はもう卒業。程々のカット、眉中濃いめ、ぼかすの3つを意識して、トレンド眉をめざしてみて。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend