マスクあるある…“悪目立ちしてるNG眉”を解消する 「なじませパウダー」がすごい

街でよく見かける残念眉のひとつが、“描き過ぎ眉”。悪目立ちする眉のせいで、顔全体が残念な印象になってしまってはいない?最近ではマスクをすると、さらに目もとに視線が集中するため、描き過ぎ眉がさらに暴走しがち…。

そんなあなたにぴったりな「眉の悪目立ちを防ぐ」をテーマにしたアイブロウパウダーを発見!美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんにくわしくレポしていただいた。優秀すぎる、なじませパウダーの実態とは…?

眉の悪目立ちを防ぐ、仕上げの「なじませパウダー」が優秀!

今回玉村さんがお試ししたのは、今年1月に発売された『ヘビーローテーション/ナチュラルパウダーアイブロウ』。

3色パレットタイプで、"斜めカットブラシ"と"ラウンドブラシ"がついています。

コメント: 玉村麻衣子さん

カラーはナチュラルブラウンと赤味を抑えたアッシュブラウンの2色。

まずは斜めカットのブラシで眉が足りない部分をおぎなっていく。

次にラウンドブラシを使用し、眉全体にパウダーで色付けする。

そしてここからがポイント!

1番淡い色のなじませパウダーをラウンドブラシにとり、眉全体に薄いヴェールをかけるようにふわっと色をのせる。

これで完成!

なじませパウダーが眉の地毛色を緩和させてくれ、眉の主張を抑えてくれているのがわかる。

玉村さんいわく、長時間しっかり地毛色を緩和させたい場合は眉マスカラを使用がおすすめだけれども、手軽に失敗なく眉の印象をやわらげることができるのがこのアイテムの魅力なのだそう。

眉マスカラを使うほどじゃないけど、眉を少しやわらかく見せたいときによいかと思います。

コメント: 玉村麻衣子さん

ウォータープルーフ処方だから落ちにくいのもうれしいポイント。眉色がいつも不自然になってしまうのが悩み…というひとは、試す価値ありそう。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

text : by.S編集部

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend