• やまとなでしこビューティー計画。

今まで「髪の乾かし方」間違えてた…ドライヤーひとつで劇的にサラサラ髪になる方法

髪の毛が綺麗だと、その日はなんとなく気分がいい。普段から美容院でブローしてもらったような髪に自分でもできれば良いのだけれど、なかなかサラサラにするのは難しい。

でも実はサラサラの髪を自分で作るのは簡単。プロのヘアメイクアップアーティストの本岡明浩さんに、私たちでも簡単にできるブローの仕方を教えてもらった。

ドライヤーの使い方間違ってない?

髪の毛を乾かすとき、頭を下にして髪の毛を内側から乾かしたり、ドライヤーの風を髪の毛に多く入れて早く乾かすために手でバーっと乾かしているかも。でも、実はその乾かし方、間違っているんだそう。

乾かし方を変えるだけで、簡単に髪の毛がさらっさらになります!

コメント: 本岡さん

ポイント1 ドライヤーを当てる向きをチェック!

髪の毛を乾かすとき、指で上から下に髪を流しながらドライヤーを当てていく。ブラシを使うと、静電気が出るので指を使って、キューティクルを逆立てないように上から下に流してみて。

ポイント2 キューティクルをしめる!

しっかり乾かしてサラサラにしたいからといって、乾かしすぎるとサラサラになるどころか、髪の毛の痛みの原因にも。

8割を温風で2割を冷風で乾かすのがポイント。乾かしすぎもよくないけれど、程よく乾いていないとキューティクルが広がりっぱなしになるので気をつけて!

風を上から下に流しながら、最後の2割を冷風でキューティクルをキュッと閉める。

出典: ライター撮影

左:キューティクルが広がってボサボサの髪
右:上から下へ流しながら乾かした髪

乾かし方を変えるだけで、髪の痛みも防ぐことができる

髪の毛を乾かすとき、「乾かす」ことがメインになりがち。でもドライヤーの使い方一つで簡単にサラサラに、そして痛みを防ぐことができるんだそう。

髪の毛の痛みは、基本的に乾かしすぎか、乾かすことに疲れてしまって乾かしきれていないことが原因の1つになるんだそう。

乾かし方を少し変えるだけで簡単に髪の毛がサラツヤになるなんて!

これから髪の毛を乾かすときには、本岡さんから伝授されたポイントを思い出してみて。髪が綺麗になって、毎日気分が上がりそう!

取材協力/ヘア・メイクアップアーティスト 本岡明浩さん

Channelバックナンバー

やまとなでしこビューティー計画。

配信日:金曜日(隔週)

「凛として芯のある、上品な女性」になる方法をレクチャー。

text : Keiko Kasuga

supervised by

ヘア・メイクアップアーティスト
本岡 明浩

ヘア・メイクアップアーティストKOSHINOに3年間師事し、独立後は女優、雑誌、広告のヘアメイクを担当。「凜として自信と品がある女性を増やす」を信条に活動中。
by.Sチャンネル「やまとなでしこビューティー計画。」で金曜日(隔週)配信中!

Recommend