あえて「やりすぎない」が今っぽい。スタイリストが教えるコーデの“駆け引き”とは

PR:バンヤードストーム

外出の機会が減り、気づけば早一年。「そういえば去年は夏服買ってなかったかも」というひとも多いのでは?そこで、人気スタイリストがこの夏の着こなし・アイテム選びのコツをシーン別にレクチャー。出社する日の朝、オンライン会議の日、週末ショッピング…なにをどう着るのが正解?

あえて「やりすぎない」が今っぽい。スタイリストが教えるコーデの“駆け引き”とは

出典: 編集部撮影

お話しを伺ったのは、数々のファッション雑誌を中心に活躍し、自身のインスタグラムも大人気のスタイリスト・井関かおりさん。いまっぽくなれるコーデのポイントについて訊いてみると…

まだまだリモートワークのひとも多いので、がんばりすぎず、さりげないトレンド感をプラスするおしゃれの仕方が時代にマッチしていると思います。Tシャツなどのカジュアルアイテムこそフォーマル感を大切に。シルエットを意識したり、ハリのある素材を選ぶのが◎。逆にゆるっとしたコーデにはインパクトのある小物を合わせるなど、おしゃれの駆け引きをすることで、ワンマイルウェアから格上げされます。形はベーシックでもアクセントがあるアイテムを選ぶと、着回しもしやすくおすすめです。

コメント: 井関かおりさん

平日も休日も朝は大忙し。ONにもOFFにも着まわせて、着るだけでキマるアイテムって?

セットで着ればきちんと感があり、アイテムを分けて着れば印象が変えられる、セットアップが正解です。

コメント: 井関かおりさん

早朝会議で朝からバタバタ。着るだけできちんと見えるセットアップは働く女性の味方!

出典: 編集部撮影

選んだのは襟がアクセントのトップスとワイドパンツのセットアップ。シワになりにくいリネンライクな素材なので、イージーケアでも“きちんと感”が出るのがうれしい。合わせるアイテムを変えればカジュアルに着回しもできる万能アイテム!

トップスにスリットが入っているので前だけINできて、きちんと感とトレンド感の絶妙なバランスがつくれます。夏らしいサンダルを合わせて、女性らしさも忘れないで。セットで着るだけでキマるアイテムは、急いでる朝にもうれしいですね。2021AWに向かって流行ってきているグレーを選ぶと、新鮮な気持ちになれるのでおすすめ。

コメント: 井関かおりさん

気分転換にシェアオフィスでお仕事。襟つきトップスならオンライン会議にもぴったり!

出典: 編集部撮影

取り外し可能な襟が印象的なトップスは、上半身が映るオンライン会議に最適。ボトムはデニムでカジュアルダウン。このデニムはバックがゴムなので苦しくなく、座りやすいのもうれしいポイントですね。ニュアンスカラーのサンダルを合わせて、足下はカジュアルにすることで全体のバランスが整います。

コメント: 井関かおりさん

週末はショッピングへ。カジュアル小物をプラスして一気に印象チェンジ!

出典: 編集部撮影

子供っぽくなりすぎないようモノトーンでまとめて辛口に。タイトめなTシャツとワイドパンツを合わせることで全体のシルエットをAラインにして、バランスをよくするのがポイントです。サスペンダーやキャップなどの小物に加えて、今年っぽいコンフォートサンダルが、フォーマル感のあるワイドパンツを一気にカジュアルムードにしてくれます。

コメント: 井関かおりさん

久々に出社してカフェでランチ。カチッとしすぎず今っぽいオフィスコーデは?

出典: 編集部撮影

カジュアルアイテムを、ワンカラーでまとめてミニマルな着こなしにしてみて。ポイントは、いまっぽいニュアンスカラーを選ぶこと。

コメント: 井関かおりさん

今年っぽいニュアンスピンクならオフィスでも浮かないのがうれしい。 小物は黒でまとめれば可愛いだけじゃなくシックなオフィススタイルに。

カジュアルアイテムでもあるTシャツもハリや光沢感の素材にこだわってみてください。 ニュアンスピンクを選ぶことで今年っぽく、女性らしい感じも出ます。甘くなりすぎないように、小物を黒でまとめるのが、オフィスにもマッチする小技。トップスにはアクセントになるゴールドボタン、さらにスリットが入っているのでアウトして着たときにもキマりやすいですよ。

コメント: 井関かおりさん

ステイケーション中、ホテルプールでリラックス。シックなリゾートスタイルのつくり方は?

出典: 編集部撮影

透け感のシャツを羽織ってもサマになる、インナーに水着をつかうコーデがおすすめ。

コメント: 井関かおりさん

普段使いも、リゾート使いも叶うのがうれしいスタイル。大人の肌をきれいに見せてくれるアースカラーをセレクトするのが正解。

胸元のリボンが大袈裟すぎず、ちょうどいいデザイン性が◎。かわいいだけでなく、うしろがストラップクロスになっていて胸を持ち上げてくれるなど、機能的にも優れた水着です。水着専用のはおりものを買うのはもったいないので、日常使いできる透け感のあるシャツが一枚あると便利。ホテルプールに行くならビーサンはNG!パイソンのトングサンダルでをチョイスして、足もとまで気を抜かないで。

コメント: 井関かおりさん

今回ご紹介したのは、コンフォート・カジュアル・コンテンポラリーをキーワードに、大人としての抜け感や心地よさを両立させた「ハンサムウーマン」のベーシックスタイルを提案するBARNYARDSTORM(バンヤードストーム)のサマーアイテムたち。シンプルだけど今年っぽい、着回しのきくアイテムが続々登場しているから、この夏おしゃれを楽しみたいならチェックしてみて。

そういえば最近服を買ってないかも…というあなたも、この夏どんなおしゃれをしようかな?とわくわくしてきたはず。まだまだ遠出は難しいけれど、シーンに応じたファッションで気分を上げてみてはいかが?

Sponsored by バンヤードストーム

supervised by

スタイリスト
井関 かおり

ファッション誌や広告で活躍する人気スタイリスト。小物を効果的に使ったスタイリングが得意。著書『5年先まで役立つ着まわし~小物でチェンジ!リアルコーデ108~』。
by.Sチャンネル「小物アカデミー賞」で火曜日(毎週)配信中!