• 運命を変える眉メイクlesson

ひと昔前感のある眉が悪目立ち…。いまっぽい「立体眉」を作る3つのポイント

いまの眉トレンドといえば、フサッとした毛並みが感じられる立体感ある眉。では眉に立体感を出すには、具体的には何をすればいいの?

そこで今回は、美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんが、眉を立体的に見せるために意識したいことを「眉頭」「眉中」「眉尻」に分けてご紹介。いかにも描いた感あるべったり眉を卒業して、立体感あるナチュラル眉をめざしてみない?

眉頭の毛は立たせるべし!

眉メイクの仕上げにアイブロウジェルや透明マスカラを使用し、眉頭の毛を立たせるのがポイント。

眉頭の毛を起こすだけで眉がフサっと立体的に見えます。

コメント: 玉村麻衣子さん

眉色を緩和させたい場合はカラー眉マスカラで代用してもOKだけれども、アイブロウジェルや透明マスカラの方がキープ力が高いので、眉頭の毛を立たせやすいのだそう。

『&be』や『セザンヌ』のクリアマスカラは手頃な価格で購入できます。

コメント: 玉村麻衣子さん

眉中が”1番濃く”なるように!

自眉を見てみると、眉は全部同じ濃さでないことがわかる。黒目の真上が1番濃く太い毛が生えていて、眉頭や眉尻はそれよりもやや薄め。

眉を一通り描いたら、黒目の上にだけアイブロウパウダーを重ねればOK。自眉のような濃淡がナチュラルさを引き立ててくれる。

眉メイクでもこの色のグラデーションを再現することで自眉のような立体感を演出できます。

コメント: 玉村麻衣子さん

眉尻は”サッサ描き”でふさふさ感を!

眉尻はあえて輪郭を際立たせすぎず、毛束感を出すとリアルなふさふさ感が出るのだそう。

細芯ペンシルを使用
し、周囲の毛並みに沿ってサッサっと短い線を重ねるように描くがポイント。

私のおすすめ細芯ペンシルはスージー/スリムエキスパートSP(03ディープブラウン)です。

コメント: 玉村麻衣子さん

これら3つを取り入れることによって、眉を立体的に見せることができるのだそう。いかにも描いた感のあるべったり海苔眉は卒業して、立体感あるナチュラル眉をめざしましょ。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend