• 現場のスクショ話

「キルティング」が着まわし力抜群。長く着られるNEWベーシック服とは【Rito】

3月15日からスタートした2021-22年秋冬シーズンの「Rakuten Fashion Week TOKYO 2021 A/W(楽天 ファッション ウィーク東京)」。ラグジュアリーで、サスティナブルな雰囲気を醸し出す、時代に寄り添う洋服作りに定評のある「Rito(リト)」が2021年プレフォールコレクションを発表した。

表情豊かなマテリアルが織りなす「輪郭 – Contours」がテーマ

優れたテキスタイルの知識と技術、そして経験を持つ、デザイナー嶋川美也子氏が手掛ける「Rito(リト)」。今季のテーマは、「輪郭 – Contours」。光や影によって表情が変化する「輪郭」は、儚さや強さが見え隠れする流動的なもの。マテリアルの特性を生かしつつ「輪郭」の感覚を落とし込んだクチュールライクなコレクションだ。

着まわし力抜群、軽やかに仕上げたキルティング

出典: Rito

今回のコレクションで注目を浴びたのが、ストールやアウターとして身につけられたナイロン素材のキルティングポンチョ。独特な立体感でヴォリュームアップして見えるファブリックを素材の特性を生かし、エアリーで、リュクスなものに昇華した。

出典: Rito

ボディラインに沿うよう垂らしたり、ボディを包み込むように纏ったり、マフラーのようにぐるりと巻きつけたり、自由な発想で着まわせるアレンジ力の高さが魅力だ。そしてどこかモードでエレガントな雰囲気が漂うデザインは、スタイリングに取り入れるだけでコーデを格上げしてくれそう。

出典: Rito

さらに、ポンチョとコート、同色のキルティングアイテムをレイヤードすることで生まれる、洗練されたスタイリングもお見事。シンプルで大人っぽい雰囲気は、デイリーにも取り入れやすいコーディネートで、感度の高い大人の女性から支持され続けるRitoの魅力だ。

出典: Rito

縦方向へ均一にステッチを施したナイロン素材のキルティングコートは、ボリューミィな素材にも関わらず、すっきりとミニマルな印象を与えてくれる。また、付属の大振りポケットは、ショルダーとしてはもちろん、ウエストに巻きつけて自由にアレンジを楽しめる。

循環型サスティナブル「Connected Line」の新作も登場

Ritoが掲げる「持続可能な循環型モノ作り」を洋服に落とし込んだライン「Connected Line」は、洋服を1シーズンで終わらせず、シーズンを超えて紐を通して組み合わせることができるという、デザイナーの洋服へ対する愛情が伝わってくる画期的なライン。

出典: Rito

新作の「Connected Line」では、Ritoが得意とするストライププリントやニットなど、Ritoらしさが詰まったアイテムが登場した。例えば、ニットとケープをドッキングさせたトップスは、単体ではもちろん、全シーズンのアイテムとも組み合わせてアレンジすることができる。

出典: Rito

中でも、「スーパー120's」という高品質なウール糸とポリエステルの収縮糸で織り上げたシャツは、これまでの「Connected Line」と組み合わせてサスティナブルに着こなしを楽しむことができる。もちろん袖パーツとシャツをそれぞれ単体で身に付けることもできる着まわし力の高いアイテムだ。

アレンジ力の高いアイテムを重ねた異素材レイヤードスタイル

出典: Rito

光沢感のある素材や、透け感のあるシースルーのシャツをレイヤードしたスタイリングも特徴的。フロントのギャザリングを調整できる光沢感のあるブラウスにシースルーのスカートとウールのボトムをレイヤードしたスタイルは、相反する素材をレイヤードしつつも、同系色の色合いで調和されている。

ニュートラルなカラーリングの中で映えるブルーやイエロー

出典: Rito

ニュートラルなカラーの序盤に対して、終盤に登場したのは、コーデのアクセントになる美しいイエローやブルーのアイテム。ダークになりがちな秋冬のコーデをパッと鮮やかに彩った。ブルーのシャツドレスやイエローのニットドレスは、ワイドパンツやロングレングスのスカートなど、レングス長めのボトムスと大人っぽくレイヤードして楽しみたい。

シーズンを超えてコネクトする「Connected Line」ラインをはじめ、サスティナブルを掲げるRitoの感性が詰まったコレクション。着まわしたり、アレンジしたり、Ritoの提案するニュー・ベッシックを参考に、長く使える秋冬アイテムを見つけて!

Channelバックナンバー

現場のスクショ話

配信日:土曜日(不定期)

by.S編集部が思わず現場でスクショした、いますぐ使える情報をお届け。

text : aco

supervised by

公式
by.S編集部

最新ファッション・美容情報に日々揉まれながら、美の修行中。プライベートではアート、ダンス、韓国、バンド…と個々に芸を肥やす、アラサー世代の編集部。
by.Sチャンネル「現場のスクショ話」で土曜日(不定期)配信中!

Recommend