• 運命を変える眉メイクlesson

一歩間違えれば時代遅れに…。ひと昔前眉をいまっぽく見せる「ぼかし方」のコツ

いまの眉メイクのトレンドといえば、描き過ぎない自眉感のある‟おぎない眉”。自眉のような仕上がりにするためには、1本1本足していくイメージで描くのがポイントなのだけれども、つい描き過ぎてしまう…というひともすくなくないみたい。

そこで今回は、1本1本描き足さなくても、いつもの眉をより自然に見せることができる裏技美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんがご紹介。

スクリューブラシで「眉すき」を!

「自然に仕上げたかったのに、描き過ぎてしまった…」そんなときは、スクリューブラシで描き過ぎた部分をぼかすと簡単に修正することができます。

コメント: 玉村麻衣子さん

大事なのはスクリューブラシの「どこを使うか」と「ぼかす方向」

眉下

スクリューブラシの先を使用し、斜め下に向かって軽いタッチで数回ぼかす。描き過ぎた部分を削り取って、眉の輪郭をすく(隙間を作る)ようなイメージで。

眉上

眉上も同様にスクリューブラシの先を使用し、斜め下に向かって軽いタッチでぼかす。

眉頭

スクリューブラシを床と平行になるように持ち、眉間に向かって軽いタッチで数回ぼかす。

歯ブラシよりもやや軽めのタッチを意識するときれいにぼかせます。

コメント: 玉村麻衣子さん

このように、眉下と眉上は「点」で眉の輪郭をすき、眉頭は「面」でぼかすことで、描き過ぎた眉を自然に見せることができるのだとか。

つい描き過ぎてしまう…というひとも、これからは描いた後にぼかせばOK。このひと手間でいまっぽい眉美人になれるのなら、やらない手はないよね?

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend