• 運命を変える眉メイクlesson

マスク姿がおブスに見える…。意外と盲点!いますぐ見直すべきNG眉メイク4選

マスクをすると口や鼻が覆われることから、目もとの印象がそのひとの雰囲気を左右する。だからこそ気をつけたいのが眉!眉メイクのせいでマスク姿が残念になってしまっているひとも…。

そこで今回は、マスクをする際には特に気をつけたいNG眉メイク4つを美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんにくわしく教えてもらった。

NG1: 眉下ラインがぼやけている

眉の下ラインがぼやけていると、眉全体がボサボサに見えてしまいがち…。

マスクをすると眉の下ラインのボサボサ感はより目立つようになり、メイクが崩れているように見えることも。

コメント: 玉村麻衣子さん

玉村さんいわく、眉下のラインはある程度際立たせた方が目力もアップするのでおすすめなのだそう。

眉下の描き方についてもっと知りたいひとは、こちらの記事もチェックしてみて。

NG2: 眉頭の高さが左右異なる

左右の眉頭の高さが異なると、眉が左右ちぐはぐに見えやすくなってしまう。さらにマスクをすることで、マスク上部のラインとの対比で高さの違いがより際立ってしまうのだとか。

カットしたり描き足したりして左右の眉頭の高さを合わせることが大切です。

コメント: 玉村麻衣子さん

眉頭の高さの合わせ方については、こちらの記事もチェックしてみて。

NG3: 眉尻がボサッと太い

マスクの上のラインはシャープなものが多いため、眉尻が太くなっているとシャープなマスクとの対比でより眉尻の太さが際立ち、ボサボサに見えてしまうことも…。

マスクはクリーンなイメージが強いアイテム。眉尻は細めに仕上げることで、
スッキリ清潔に見せることができます。

コメント: 玉村麻衣子さん

NG4: 下がり眉

カタカナのハの字のような、すこし困っているように見える下がり眉。下がり眉になっていると、耳に向けて上昇するマスクの上ラインとの距離がだんだんと縮まり、目尻付近がごちゃごちゃして見えがちになってしまうのだとか。

下がり眉にならないようにするためにも、眉尻は眉頭の下よりも下がらないようにカットしたり、描いたりするように意識することが大切です。

コメント: 玉村麻衣子さん

守りたくなるようなやや困り眉の眉メイクの描き方については、こちらの記事をチェックして。

まだまだ続きそうなマスク生活。顔のどこのパーツよりも眉毛に力を入れて、マスク姿でも美人をめざしましょ。

マスクと眉毛のバランスについては、こちらの記事もチェックしてみて。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend