• 運命を変える眉メイクlesson

眉上しっかり描いちゃってない…!? ひと昔前感漂う「古臭い眉メイク」の解消法

最近のトレンド眉メイクといえば、自眉のような自然で立体感のある眉。だけれども自然に仕上げようとしているけど「描きました感が出てしまう」「どこか垢抜けない」とお悩みのひとも多いみたい…。

そこで今回は、トレンドの自然な眉に仕上げるコツを美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんにくわしく教えてもらった。

眉下はしっかり描き足してOK

眉下は描き足して輪郭を整えるのがおすすめ。

眉の下ラインはある程度整っているほうが、眉全体が美しく見えます。

コメント: 玉村麻衣子さん

逆に下ラインがまばらだと、眉全体がボサボサに見えがちに…。

また、眉下を描き足すと目と眉の距離が縮まり、目力もアップします。

コメント: 玉村麻衣子さん

ただし、描き足し方は意識したいところ。アイブロウペンシルで描き足す場合は細芯タイプを使用し、毛並みに沿ってサッサっと1本1本描き足すようなイメージで。アイラインのように長い線で描くのはNG!

眉上は「きっちり描かない」が正解!

眉の上ラインはあえて描き過ぎず、自眉の輪郭を活かすのがポイント。

眉の上ラインを描きすぎると「描きました」感が出て、眉が悪目立ちしてしまいます。

コメント: 玉村麻衣子さん

眉全体にアイブロウパウダーをのせるときは先が丸いラウンドブラシを使用し、眉の上ライン1mmはあえて描かないように意識するとよいのだそう。

眉の上を一部描き足したいときは、アイブロウパウダーをのせる前に細芯タイプのアイブロウペンシルを使用して、"眉が足りない部分のみ"周囲の毛並みに沿ってチョコチョコと描き足すとよいのだとか。

もし「描き過ぎた」という場合は、スクリューブラシで描き過ぎた部分を軽くぼかすとよいです。

眉下は描き足して輪郭を整え、眉上はあえて描き足しすぎないことで、自眉のような自然な眉に仕上がります。

コメント: 玉村麻衣子さん

下はきれいに描いて、上は描かない。これが今どき眉の鉄則!眉メイク迷子のひとは、ぜひ一度この方法を試してみて。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend