• HAPPYになれるBeautyBox

「メイクブランドが作ったマスク」が売り切れ話題。人間の肌に最も近い成分で作られた実力とは?

マスクは生活に欠かせないものになったとはいえ、ムレや摩擦などがいつも気になるもの。度重なる肌荒れや不快感にはスキンケアだけではなくて、そろそろマスク自体を見直してみない?どうやら美容プロの間では、人間の肌成分に最も近い成分で作られたマスクが話題になっているのだとか。

そこで今回は、各種メディアや女優のメイクで大活躍中のメイクアップアーティスト・佐々木貞江さんに、おすすめのシルクケアマスクを教えていただいた。

プロのメイクさんが使ってるマスクって?

ヘアメイクの濱田マサルさんが手掛けるブランド濱田商店で発売された、シルクのマスクがあるんです。MサイズとLサイズを買ったのですが、女性だったらMサイズがちょうどいいかもしれません。

肌当たりがとても気持ちがいいのと、とてもあたたかくてしっかりとした素材なので、この季節に特におすすめです。

コメント: 佐々木貞江さん

佐々木さんがご愛用していて、美容業界でも使っている人が多いのが、美容のプロ濱田マサルさんが作ったシルクケアマスクなのだとか。”まるでスキンケアをするように、肌にとって心地の良いものがいい”という思いを馳せて、繊維メーカーと共同開発したオリジナルエチケットマスクなのだそう。

マスクの紹介

長年人の顔や化粧品開発に携わってきた濱田マサルさんならではの目線で作られているマスクには、こだわりがギュッと詰まっているみたい。

出典: ライター撮影

そのこだわりは大きく3つあって、1つ目は小顔に見えること。極上シルクが立体的に編み上げられていて、呼吸がしやすいだけでなく、顔を立体的にすっきりと見せてくれる形状なのだとか。上下で異なる形状だから、顔の大きさや鼻の高さに合わせてフィットする向きで着用できるのだそう。

出典: ライター撮影

マスクを着けると顔がひと回り大きく見えがちだけど、このシルクケアマスクはスッキリと着けることができた。むしろフェイスラインが引き上がった気持ちにもしてくれる。

2つ目のこだわりは、紫外線を99%カットするシルクを使用していること。肌に触れる部分は100%シルク繊維を使っていて、空気を多く含む繊維の構造で、外気や湿気に影響されにくく吸水性にも優れているみたい。夏でもムレにくく、冬はあたたかい着用感で使うことができる。

出典: ライター撮影

濱田商店
シルクケアマスク[立体シルクケアマスク]
カラー全5色:墨色、鼠色、生成色、桜色、胡桃色
サイズ全4サイズ:L、M、S、こどもサイズ
(写真は左:生成色、右:桜色どちらもMサイズ)
3,080円(税込) こどもサイズのみ2,860円(税込)

こだわりの3つ目は滑らかにフィットすること。肌に触れる面と表面にはシルク糸を使って肌に優しく、内側には抗菌糸と機能糸を使用している四層の構造になっている。機能糸の働きによって伸縮性が高まり、肌当たりの良さと同時に顔の動きに合わせてフィットするストレッチ性が叶えられているのだとか。

生地の厚みがしっかりとあり、着用前は「もしかしたらきついかも?」と思ったけど、耳にかけて伸ばすと圧力が分散されて、ストレスなく着用できた。長時間つけていても耳が痛くなりにくい設計にもなっているのだとか。

出典: ライター撮影

シルクと聞くとデリケート素材でお手入れが難しいイメージがあるけど、お取り扱い書がついているから安心できそう。

おしゃれ着洗剤やシャンプーなどの中性洗剤で優しく押し洗いしたら、手のひらで軽く水を切り、タオルを押し当てて水気をとる。そのあとは、通気性のいいところでに干しておけばいいみたい。

服の素材が変われば着心地が変わるように、マスクも素材が変われば肌への影響が変わるもの。デリケートな顔の肌に、優しさで包んであげるという選択を取り入れてみてはいかがだろうか。使い捨てではない上質なシルクを大切に扱うことは、自分を大切にしてあげることにつながると思う。

いままでよりもうワンランク上の、自分をいたわる大人の心で、健やかな美肌を目指してみよう。

Channelバックナンバー

HAPPYになれるBeautyBox

配信日:水曜日(隔週)

体も心も美しくHAPPYになる「綺麗のヒント」が詰まった美容情報を配信

supervised by

メイクアップアーティスト
佐々木 貞江

ファッション誌、ビューティー誌、CF、広告等で活躍中。ナチュラルからモードまで幅広く、被写体を最大限に輝かすメイクに、女優やモデルが多数支持。
by.Sチャンネル「HAPPYになれるBeautyBox」で水曜日(隔週)配信中!

Recommend