• 運命を変える眉メイクlesson

なぜかこダサい…それ眉のせいかも。意外とやりがち「秋服と合わない」NG眉メイク

涼しく過ごしやすい日が増え、秋服を取り入れはじめたひとも多いのでは?服を春夏→秋冬にチェンジするときは眉メイクも変えたいところ。春夏と同じ眉を描いていると、顔が浮いてしまうなんてことも…。

そこで今回は、秋服と合わないNG眉メイクについて美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんにくわしく教えてもらった。あなたの眉は大丈夫?

NG1:眉色が明るすぎる

春夏は明るい色の服や、軽やかな素材の服が多いため、眉色もやや明るめにすることでメイクと服のバランスがとれた。しかし秋冬は逆!

黒、ブラウン、カーキ、グレー等の深い色味の服が多いため、眉色が明るすぎるとメイクと服がチグハグに…バランスが悪く見えてしまいます。

コメント: 玉村麻衣子さん

服のトーンが落ち着く秋冬は、眉のトーンも落とすのがおすすめなのだそう。髪色にもよるけれど、秋冬はイエローブラウンやライトブラウンといった明るめの色を使用していたひとも、秋はナチュラルブラウン以上のやや深めの色味を選とよいのだとか。

NG2:眉がやや細め

眉は細めに描くことで大人っぽく涼し気な表情に見せることができる。

しかし秋冬の細眉には注意したいところ。涼し気を通り越して、顔が寒々しく見えてしまいます。

コメント: 玉村麻衣子さん

涼し気を通り越して、顔が寒々しく見えてしまいます。目の縦の幅の1/2~2/3程度を目安に眉を描いてみて。

NG3:ナチュラルに描きすぎる

最近は自眉のような自然な眉が人気を集めているけれど、ナチュラルに描きすぎるのはNG!秋冬は厚手のニットやコート等の重厚感のある素材の服が多いため、眉がナチュラルすぎると服の重みに対し、メイクが薄く見え、“服に着られて”見えてしまうのだとか。

普段ナチュラルに描いているひとも、秋冬はすこし眉をしっかり描くように意識してみてください。意識するだけでも仕上がりが変わってきます。

コメント: 玉村麻衣子さん

服とメイクのバランスはとても大切。服を衣替えしたときは、是非メイクも衣替えしてみて。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend