人気のオルビスユー/ユードット、あなたはどっち?選ぶポイントは「年齢」よりも…

オルビスの大人気スキンケア『オルビス ユー』と、この秋新しく誕生した最高峰ライン『オルビス ユー ドット』。どちらも年齢による肌悩みにアプローチしてくれるということだけど、そもそもエイジングケアっていつから?自分が使うべきなのはどっちのシリーズ?

実は、大事なのは実年齢よりも実感している肌悩み。しかもその肌悩みは、深刻度に応じて原因が違うんだとか…。2つのシリーズの違いを知って、あなたが今するべきケアを見極めて。

くすみ、ハリ低下を感じはじめたら『オルビス ユー』

「寝起きの顔がくすんで見える」「たるみとまではいかないけど、頬にハリがないかも」…そんな変化を感じはじめた人には、『オルビス ユー』がおすすめ。

出典: 編集部撮影

左から
オルビスユー ウォッシュ 120g/1,800円(税抜)
オルビスユー ローション 180mL/2,700円(税抜)
オルビスユー モイスチャー 50g/3,000円(税抜)

『オルビス ユー』が着目するのは、細胞膜に存在する水の通り道である「アクアポリン」というたんぱく質。肌全層のアクアポリンにアプローチする複合成分「キーポリンブースター」を配合することで、肌に水を巡らせる力を鍛え、うるおい不足、ハリの低下やくすみ、乾燥などのエイジング悩みに働きかけます。

出典: 編集部撮影

基本のお手入れは、化粧水の浸透力を助けるブースター洗顔『オルビスユー ウォッシュ』、超浸透の“とろぱしゃ”化粧水『オルビスユー ローション』、新感覚スフレジェリー保湿液オルビスユー モイスチャー』の3ステップ。なかでも、手に出すととろりと濃厚なのに、肌に乗せると“ぱしゃっ”とみずみずしく浸透するローションは、特にファンが多い人気アイテム。

お気に入りはローション。ちょっとボトルを傾けたくらいじゃ出てこないほどの濃厚さなのに、肌に乗せるとみずみずしく広がるから不思議!とにかく保湿感がすごいので、乾燥しがちなこれからの季節に重宝しそう。「肌が変わってきた気がするけど、エイジングケアはまだ早いのでは…?」と思っている人にぴったり。

コメント: 編集K

複合ぐすみ、たるみ、ごわつきには『オルビス ユードット』

「気のせいじゃないくらい、くすみが気になる」「肌がごわごわとして固くなってきた」…そんな深刻なお悩みを感じはじめたら、『オルビス ユードット』にシフト。

出典: 編集部撮影

左から
オルビス ユードット ウォッシュ【医薬部外品】120g/2,100円(税抜)
オルビス ユードット ローション【医薬部外品】 180mL/3,300円(税別)
オルビス ユードット モイスチャー【医薬部外品】50g/3,600円(税別)

『オルビス ユードット』は、細胞膜に存在するエネルギー源の取り込み口であるタンパク質が、加齢とともに減少することに着目。そこで、細胞のエネルギーの通り道を増やすことで、全細胞のエネルギーの巡りを高める複合成分を配合。エネルギーが巡ることで、イキイキとした印象の肌へ整えてくれる。

出典: 編集部撮影

気になるラインナップは、ねばり家のある濃密泡で古い角質までやさしくオフするマイルドピーリング洗顔『オルビス ユードット ウォッシュ』、肌のやわらかさを引き出す化粧水『オルビス ユードット ローション』、うるおいを逃すことなく閉じ込めるリッチなバリアバーム保湿液『オルビス ユードット モイスチャー』。なかでもブランドいちおしのブースター洗顔は、粘り気すら感じるもっちりねばねば濃密な泡で、摩擦負担なくすっきりと洗い上げてくれる。

肌が強くないので、くすみは気になりつつピーリングはちょっとこわい…。この洗顔は、まさにそんなわたしにぴったり!毎日の洗顔で古くなった角質をやさしくオフしてくれて、ピリピリ感などの違和感はもちろんなし。洗い上がりはもちろん、翌朝の肌もなんだかぱっち明るく見えるような…。もこもこ泡でふわっと洗うのも好きだけど、もっちりねばっとした泡が頼もしくて、やみつきになりそう。

コメント: 編集K

どちらもおしゃれなデザインで、手に取るだけで気分が上がるのもうれしいポイント。スキンケア選びに悩んだら、自分の肌悩みと向き合って、『オルビス ユー 』『オルビス ユードット』を試してみてはいかが?

【お問い合わせ先】
オルビス株式会社
TEL:0120-010-010
ブランドサイト:https://www.orbis.co.jp/

Recommend