• 旬は短し、試せよ乙女

美容師が教える、間違えがちなヘアオイルの使い方。乾くオイル/乾かないオイルの違いって?

髪の毛をセットしても汗と湿気ですぐに崩れちゃって、毎年夏は髪がキマらずモヤモヤしてない?髪が広がっちゃうとはいえ、スタイリング剤をつけて重くなったりベタベタしたりするのは嫌だから、夏の髪は諦めモードになってしまいがち。

そこで今回は、人気ヘアサロンSIX代表の久保雄司さんに、湿気でうまくヘアスタイルが整わないときにおすすめの、オイルを使ったセットの仕方を教えていただいた。

そもそもヘアオイルには、「乾くオイル」と「乾かさないオイル」の2種類がある

湿気で髪の毛が広がるときは、少しべとつくのかな?と思ってもオイルを使うのがおすすめですよ。オイルにもいろんな種類があって、軽めもあるんですよ。

コメント: 久保雄司さん

汗や湿気を感じるときにオイルは合わない気がしてしまうけど、使うタイミングやテクスチャーを選べばうまくいくのだそう。

オイルって大きく分けると2つに分かれるんです。乾くオイルと乾かないオイルがあって、例えばいくら朝出かける前にたくさんつけても、乾いちゃうオイルだと意味がないんですよ。

コメント: 久保雄司さん

そもそもオイルに2種類あるって知ってた?種類によって使うタイミングが違うから、目的に合わせて正しく使うことで、なりたい髪にできるみたい。

「乾くオイル」の特徴

濡れてる髪に使うオイルで、アウトバストリートメントとも呼ばれる。お風呂上がりなど濡れた髪につけてからドライヤーで一緒に乾かして、乾くとオイルっぽさが消えてしっとりとした質感になるものが多いみたい。

しかし、一方でスタイリングとしてお出かけの前に使っても、乾いてしまうので効果がなくなってしまうことも。

「乾かないオイル」の特徴

乾いた髪に使うオイルのこと。スタイリング剤感覚のオイルだから、これを使ってセットするとオイルそのものの質感が表現できて、夏っぽい髪に仕上げられるのだとか。

スタイリングとしてオイルを使う場合は、この「乾かないオイル」をチョイスするのがポイント!

美容師おすすめの2020夏「乾かないオイル」

出典: ライター撮影

ナイン 
マルチスタイリングオイル ライト
ボディ・ヘアオイル
100mL/2,800円(税抜)

夏は濡れた感じやツヤっぽくしたいけど、オイルのギトギトは嫌だな、というときにいい軽めのオイルですよ。今年はマスクをしているから、軽めが特に人気です。

コメント: 久保雄司さん

保湿をうながすコメヌカ油やコメ胚芽油と、ツヤ髪へ導くヘミスクワランオイルなどが配合されていて、乾燥から髪を守りながらヘルシーな濡れ髪スタイルをつくってくれるオイル。

出典: ライター撮影

ゼラニウムやバーベナ、ラベンダー、サンダルウッドなどの香りが配合されていて、自分の髪が女性らしく上品に香って気持ち的にも軽やかに。

程よい濡れ感と、毛束感があるいまっぽいスタイルが長続きして、一日を髪で煩うことなく過ごせた。

出典: ライター撮影

アリミノ
スプリナージュ ジェントルニュアンス オイル
ボディ・ヘアオイル
140mL/3,520円(税込)

これまで使ってみたオイルが「重いのしかなかったけど使っていた…」という人には、スプリナージュの新作オイルがいいですよ。軽くていいです。

コメント: 久保雄司さん

この夏に新発売したジェントルニュアンスオイルは、アスタキサンチンやマリンプラセンタ、オリーブスクワラン、アルガンオイルなど、フェイスケアにしか使いたくないような贅沢な成分が配合されている。

独自開発した複合成分ウエットスムースオイルの作用で、柔らかなまとまり感もサラサラした軽さも、相反する両方を実現してくれるみたい。

出典: ライター撮影

ヘアケアを念入りにしたあとのようになめらかな髪になり、ベルガモットとジンジャーを軸にした香りが、湿気で停滞していた気持ちをリフレッシュしてくれた。

夏にオイルはちょっと合わないのかな?と思ったりしてたけど、ベタつかないオイルはあった。使うタイミングと軽さで選べば、朝セットした髪が長続きしてくれそう。広がりやすい季節も髪の質感にこだわって、おしゃれなヘアスタイルを楽しんでみて。

Channelバックナンバー

旬は短し、試せよ乙女

配信日:木曜日(毎週)

トレンドのメイクテクや最新アイテムの取り入れ方を指南。

supervised by

SIX 代表
久保 雄司

雑誌やWEBなどでヘアメイクとして活動し、全国でイベントを行う。2016年に『#クボメイク』(講談社)出版、17年には東京・表参道に美容室【SIX】をOpen!
by.Sチャンネル「旬は短し、試せよ乙女 」で木曜日(毎週)配信中!

Recommend