• 運命を変える眉メイクlesson

イケてるつもりが、実はこダサい!? 街でよく見かける…「眉頭ざんねん女子」3選

眉のなかでも仕上がりの印象を大きく左右する重要な部分「眉頭」。美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんはそんな眉頭の描き方がちょっと残念なひとを街でよく見かけるのだとか。

眉頭を失敗すると、眉毛だけでなく顔全体が残念な印象になってしまいがち…。そこで今回は、よく見かける残念な眉頭3つについて玉村さんにくわしく解説してもらった。

NG1:丸眉頭

眉頭を丸く描いているひともすくなくない。

しかし 丸く描いてしまうと「描きました」感が強くなり、あか抜けない雰囲気に…。

コメント: 玉村麻衣子さん

眉頭は鼻筋と自然につながるように、斜めに描くがポイントなのだそう。すると、骨格が際立って目鼻立ちがハッキリ見えるように。

NG2:90度の侍眉頭

玉村さんいわく、眉頭の角度が床と垂直になっているひとも多いのだそう。

実は 床と垂直の眉頭は男性の理想の眉頭の角度であり、顔を男らしく凛々しく見せる効果が期待できます。

コメント: 玉村麻衣子さん

そのため、女性が取り入れると顔が凛々しくなりすぎて、女性らしさが失われがちに…。女性の場合は眉頭を45~80度を目安に、やや斜めにするのがおすすめなのだとか。

NG3:細眉頭

眉頭が1番細くなっているひとは要注意。眉の重心が外側になり、目と目が離れて見えたり、顔が平面的に見えたりしやすくなってしまうのだとか…。

眉は眉頭が1番太く、眉尻に向かってだんだん細くなるのが理想なのだそう。

眉頭次第でこんなにも印象が変わってしまうだなんて…。これら3つに当てはまったひとは要注意!明日から眉頭を意識して描いてみて。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend