コンシーラーの使い方|塗る順番やシミ・そばかす・クマも隠れる人気アイテムも調査

シミ・そばかす・クマ・ニキビ跡など、さまざまな肌トラブルをカバーしてくれるコンシーラー。あなたは上手に使えてる?

メイク慣れしているひとももう一度おさらい!正しい塗る順番や使い方や選び方のポイント、コスメ通に人気のおすすめコンシーラーまで徹底的にコンシーラーを深堀りしてみた。

コスメ好きがあつまるクチコミサイト「Lulucos by.S(ルルコス バイエス)」に寄せられたレビューとともに、人気カラーやアイテムをチェック!

コンシーラーの基本的な使い方は?

肌トラブルが気になる部分に塗布するコンシーラー。使う順番は、基本的にリキッドファンデの場合はファンデ後。パウダーファンデの場合はファンデ前につけるときれいな仕上がりに。

また、ファンデの種類に関係なくコンシーラーをつける前は、入念な保湿と下地で肌を整えることを忘れずに。コンシーラーで毛穴をカバーするときも、水分をきっちりチャージすることで、毛穴落ちのない美仕上がりが持続する。

コンシーラーの目的別の使い方

「シミ隠し」の使い方とポイント

濃いシミを隠す場合は、カバー力の高いスティックタイプがおすすめ。固めのテクスチャーを選ぶことで、ピンポイントでシミを隠す。色はついつい明るめを選びがちだけど、ファンデよりワントーン暗めを選ぶことが、浮かずにきれいになじむポイント。

「そばかす」用の使い方とポイント

広範囲にでやすいそばかす。頬や目もとなど、動きやすいパーツの近くに多いのも特徴。肌に密着し伸びのいいリキッドタイプを、うすくうすく重ねて使って。また、乾燥しやすくもあるので、美容成分やオイル配合のコンシーラー選びがおすすめ。

「クマ」用の使い方とポイント

目もとは皮膚が薄いため、リキッドタイプや色を調節できるパレットタイプがおすすめ。茶クマ、青クマ、黒クマと、種類によってカバー法が違うクマ。茶クマにはイエロー、青クマにはオレンジ、黒クマにはベージュのカラーを意識して。

「ニキビ・ニキビ跡」用の使い方とポイント

小さめのニキビには、ピンポイントで隠せるペンシルタイプがおすすめ。しっかり隠したい赤ニキビは、クリームやリキッドタイプを選んでみて。化膿している赤ニキビに、肌負担は禁物。イエロー味の強いコンシーラーや補色であるグリーンのコンシーラーを使って、厚塗りせずにカバーするように心がけることが大切。

Lulucosオフィシャルメンバー絶賛。おすすめコンシーラー

コスメ口コミサイトLulucosのオフィシャルメンバーおすすめのコンシーラーをご紹介。

1.言わずと知れた名品CANMAKE「カラーミキシングコンシーラー」

ライトカラー・ナチュラルカラー・ダークカラーの3色がはいったパレットタイプのコンシーラー。1000円以下とプチプラなのに、たったひとつで様々な肌トラブルに対応する。ベタベタせず、サラサラに仕上がるのも人気の理由に。

このアイテムの口コミをもっとみたいひとは、こちら。

2.目もと専用。資生堂メーキャップ「シアー アイゾーン コレクター」

みずみずしいつけ心地と、なめらかなテクスチャーが特徴のリキッドコンシーラー。光の効果で色ムラをカバーする効果があるため、クマ隠しにぴったり。うるおい感あるナチュラルな仕上がりで、乾燥しやすい目もとに大活躍してくれる。

このアイテムの口コミをもっとみたいひとは、こちら。

3.自分色が作れる。ETVOS「ミネラルコンシーラーパレット」

敏感肌のひとでも使いやすい肌ケアのコンシーラー。ナチュラルベージュ・オレンジベージュ・オークルベージュのなじみやすい3色で、肌の色や肌トラブルに合わせやすい使用に。広範囲の場合はブラシを使い、ピンポイントの場合はスポンジ使いが◎。

このアイテムの口コミをもっとみたいひとは、こちら。

4.プチプラとは思えない仕上がりに。CEZANNE「ハイライトコンシーラー」

3種の偏光パールでハイライト効果もあるコンシーラー。プチプラだけどカバー力◎。くすみを飛ばしてくれるため、目もとや鼻筋、口角にも使いやすい。肌トラブルを隠すだけでなく、化粧直しに使えるところも嬉しいすぐれもの。

このアイテムの口コミをもっとみたいひとは、こちら。

5.色ムラを補正はおまかせ。REVLON「フォトレディ カラー コレクティング ペン」

みずみずしい液がでてくる筆ペンタイプのコンシーラー。コントロールカラーにもなる3色で、色ムラを補正する。とくに010のグリーンは、頬の赤み消しやニキビの赤みカバーにもぴったり。持ち運びしやすく軽いつけ心地が使いやすいアイテム。

このアイテムの口コミをもっとみたいひとは、こちら。

まとめ

・コンシーラーは入念な保湿と下地で整えた後に使う
リキッドファンデの場合は「後」、パウダーファンデの場合は「前」に使う
・肌トラブル別にテクスチャーを使い分けるのがきれい見えのポイント
・コンシーラーは少しずつ重ねて調節するのが鉄則
・テクスチャーだけでなく、コンシーラーの色も意識して薄塗りカバーを心がける

コンシーラーについてもっと知りたいひとは、こちらの記事をチェック。

プロのコンシーラーの使い方に関しては、こちらもチェックしてみて。

コンシーラーは難しいって思ってない?肌トラブルにあったコンシーラーを使えば、とても簡単にナチュラル美肌に変更できる。ファンデの厚塗りはもう終わり。優秀コンシーラーを毎日メイクに取りいれてみて。

この記事で紹介した商品一覧がこちら。気になる最新の在庫状況は?

text : lily

Recommend