愛するカレと心が通う、濃密・シッティングポジ3つ。史上最高の“幸福感”に満ちた夜

座った状態で、見つめあったりギュッとハグをしたり、ときにはおしゃべりを楽しんだり。そんな、愛を確か合うのにもってこいの「シッティングポジ(座位)」をマスターして、彼と一緒にもっと気持ちいい夜に。今回はラブライフアドバイザーのOliviA(オリビア)さん直伝、究極の「座位」をレクチャー♡

愛するカレと愛情を確かめ合える

座位は、単に「座って行う」にとどまらない体位。密着面積が大きくなって安心感が得られるゆえに、愛情を感じやすいのが大きな特徴なのだとか。

座位を取り入れるカップルは実は少なく、あまり頻出する体位ではないようです。そんな座位は密着面積が広いので安心感を得やすい、または愛情を感じやすいというのが最大の特徴です。座位というと対面座位が多く取り入れられていると思うのですが、表情が見られるのも良い点ではないでしょうか。

コメント: ラブライフアドバイザー OliviAさん

持続力アップ? 長くつながっていられる

後背位や立位と比べると、少々興奮の具合は少ないようにも思える座位。そんな座位は男性にとってどんな体位なの?

座り姿勢で行う座位は男性が休憩できる体位のひとつ。腰を激しく動かせないぶん、休める体位のようです。必然的に動きが緩やかになるので、持続力もアップしやすく、長い時間つながっていられる体位とも言えます。腰痛や早漏が気になる男性にもおすすめです。

コメント: ラブライフアドバイザー OliviAさん

椅子の上で、ベッドの上で、膝を曲げて、伸ばして、女性の足を男性の肩にかけて…
座位と言っても、その形はさまざま。なかでもOliviAさんがおすすめと話す、3つの座位をここでご紹介。

①抱きつきホッピング

あぐらの姿勢になった男性の上に女性がまたがる対面座位。しっかり体を密着させるように男性に抱きついて、ホッピングのように膝を上下にパタパタして動かすだけ。女性は、ベッドのスプリングをいかして体を弾ませられるので、男性が腰を前後に動かす必要はなし。腰痛が気になる方にも取り入れやすい体位。

楽して気持ちよくなれますし、密着度が高いので愛情も感じやすいのではないでしょうか。

コメント: ラブライフアドバイザー OliviAさん

②鏡茶臼(かがみちゃうす)

四十八手(しじゅうはって)にも登場する体位で、向かい合って座り、膝を立てて両手を後ろについて体を支えながら挿入する座位。お互いの顔が見えるため、会話をしながら、気持ちがいいところを探り合いやすい。別名「Gスポット座位」とも。

座位の中でも中イキしやすいものがこの鏡茶臼です。男性がしっかりと硬く勃起するタイプだとうまくできます。Gスポットを刺激するのに、硬さと角度は必須です。

コメント: ラブライフアドバイザー OliviAさん

③バック・アンド・ミラー

男女ともに座った状態で男性が後ろから挿入する体位。鏡の前で行うとより興奮を高められる。さらに、女性の脚を開脚させればよりセクシーに。

夏は浴衣を着て、裾をめくりながら楽しむのもおすすめですよ。

コメント: ラブライフアドバイザー OliviAさん

男性がますます興奮するアレ

ハグやキスをしやすい座位は、愛情を感じたり、愛を確かめ合ったりするのにもってこいの体位。そんな座位中に見せると、男性はますます夢中になってしまうアレって?

男性を視覚的に興奮させるために結合部分を男性に見えやすくする」というのは取り入れたい要素。そのためにM字開脚をしてみるのがおすすめです。

愛情をもっと感じたいときは、対面座位で男性の背中に手をまわしてハグをするのもいいでしょう。そのときはあまりギュッとしすぎず、胸をフワッとあてて柔らかさ感じてもらうよう意識してみてください。またキスをすることで上も下もつながっている感覚を堪能してみるのもいいですよ。

コメント: ラブライフアドバイザー OliviAさん

「座位」は密着度が高まって愛情を感じやすい体位のひとつ。男性にとっても少しお休みできるうえ、長くつながっていられるから◎。次のデートまでにマスターして、愛する彼といっそう充実したラブタイムを過ごして。

取材協力:ラブライフアドバイザー・夫婦コミュニケーションアドバイザー OliviA

text : Yoshiko

supervised by

ラブライフアドバイザー
OliviA(オリビア)

性生活の総合アドバイザー。ラブライフ向上のためのサロンやスクール運営を行う。懇切丁寧なアドバイスが好評で20~50代まで幅広い層の女性から支持されている。
by.Sチャンネル「真夜中のパウダールーム2」で金曜日(毎週)配信中!

Recommend