奇抜にならない「色×色」コーデの救世主は“白ワイパン”。プロのおすすめ春コーデを✔︎

日に日に暖かくなって、なんだか気持ちも前向きになれる今の季節。ファッションにもカラーを取り入れて、コーデに華を添えたい。でも、カラフルなコーデはどうしてもハードルが高い…。

そんな悩める女子のために、DIESELプレス 田中久子さんに「色×色コーデ」のコツを教えてもらった。普段はモノトーン派の久子さんが提案する色合わせなら、きっと初心者さんも挑戦しやすいはず!

春はやっぱり明るい色が着たい♡

普段はモノトーン系のコーデが多いですが、春は鮮やかなブライトカラーを使ったコーデをしたいな。でも、もともとシンプル好きだから、いきなり原色同士を組み合わせるのは厳しいです(笑)

コメント: 田中久子さん

そんな久子さんが考えているのが、ブライトカラーにホワイトを組み合わせた色×色コーデ。またトップスでなくボトムスでホワイトを取り入れるのもポイント。

カラー同士のアイテムの間にホワイトのボトムスを挟めば、ブライトカラーも中和されてコーデの幅も広がる。

久子さんイチオシ。“非コンサバ”さん向きのホワイトボトムスはこれ

ただし、ホワイトボトムスに何を選ぶかは意外と難しいもの。たとえば白いスキニーを選ぶと、とたんにコンサバ感が高くなる。しかも、膨張色だから太く見えそう…。

そんな二つのお悩みをクリアするのが、ホワイトカラーのワイドデニム。

出典: DIESEL提供

WIDEE-JOGGJEANS-F 684U  35,000円(税別)/DIESEL

バギーのように横に広がるフレアではなく、縦に奥行きを出したワイドシルエットです。ウエストラインがしっかりと体のラインに沿うことで、膨張しがちなワイドシルエットをすっきり着こなせますよ。

コメント: 田中久子さん

ホワイトのワイドデニムを使った「色×色」を✔

出典: 田中久子さん撮影

スウェット・ワイドデニム・シューズ すべてDIESEL

スウェットとサンダルのソール部分のイエローで、ワイドデニムのホワイトを挟んだ春らしいコーデ。カッティングされたスウェットをインしてワイドの脚長効果を強調すれば、ゆるっとしたシルエットでも女らしく着られる。

もちろん、スタイルアップ効果も十分。カラフルコーデに抵抗があるひとでも、このくらいの色数だったら気軽にチャレンジできそう!

それでも「色×色」が不安な人は、足元にカラーを取り入れるべし

「カラーアイテムをこれから手に入れたいけれど、トップスやシューズだと値が張る上に着こなせないかも…」というひとも大丈夫。

そんなひとは、タイツソックスなど、足下にカラー小物を投入してみて。主張し過ぎないけれど、コーデに程よいアクセントを加えてくれる心強いアイテム。

久子さんがすでにゲットしてるのは、Forever21のプチプラカラータイツなんだって。

出典: 田中久子さん撮影

Forever21のタイツはカラバリ豊富ですし、なんといってもほとんどが1,000円以下というプチプラ。それにビビットな色みのものが他のショップより多いんじゃないかな。ちなみに、H&Mのタイツも生地がしっかりしてて使えますよ。

コメント: 田中久子さん撮影

久子さんがカラータイツを履くときは、ミニすぎないスカートに合わせるか、ロールアップしたデニムとパンプスの間からのぞかせるんだそう。普段カラーアイテムにあまり縁がないひとも、これならトライできそう。

何か新しいことにチャレンジしたくなる季節、春。いつものコーデもいいけれど、この春は思い切って、ブライトカラーを素敵に着こなしてみてはいかが?

取材協力/DIESELプレス 田中久子

text : 門上奈央

supervised by

DIESELプレス
田中 久子

DIESEL,DIESEL BLACK GOLDのショップスタイリストを経てプレスに抜擢。販売経験を活かした着まわし方やエッジの効いた女性らしいスタイルを紹介。

Recommend