• 運命を変える眉メイクlesson

街でよく見る「3大NG眉」から脱却。プロ流「理想の眉プロポーション」とは?

「綺麗に描けてない訳じゃないんだけど、なんだか眉がキマらない…。」メイク後の眉を見て、そんな風に思ったことない?

美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんいわく、その原因は「プロポーション」。ボディと同じで、眉を美しく見せるためにはプロポーションが大切なんだそう。

たとえ眉を綺麗に描いたとしてもプロポーションが悪いと、目が離れて見えたり、老けて見えたりしてしまうことも…。そこで今回は、ありがちな「NGプロポーション」を3つと、理想のプロポーションを教えてもらった。

NG1:眉頭が一番高い「困り眉」

眉の中で、眉頭の位置が一番高い人ひとは意外と多い。でも、眉頭が一番高いと困ったような表情になり、オドオドして見えたり、不幸そうに見えたりすることも…。

また、このような"困り眉"は、顔をぽっちゃり見せてしまうこともあるので要注意。眉を描くときは、眉頭が高くなりすぎないように気をつけてみて。

NG2:眉頭より眉尻が太い「離れ目眉」

眉頭よりも眉山~眉尻が太いひとも少なくない。けれど、眉山〜眉尻にボリュームがあると眉が外側へ引っ張られて見え、目と目が離れて見えてしまう原因に。

眉尻は眉頭よりも太くならないように意識することが大切。

NG3:眉山が外側すぎる・内側すぎる「おマヌケ眉」

眉山の位置が外側過ぎると、顔の立体感が失われてベタッとした平面顔に見えがち。

また、眉山の位置を内側にし過ぎるのもNG。間の抜けたような表情に見えてしまう原因に。眉山の位置が極端に外側・内側にならないように気をつけてみて。


では、どんな眉が「理想のプロポーション」なの? 玉村さんいわく、4つのポイントに気をつけていれば、美しい眉に仕上げることができるんだって。

1:眉頭から徐々に細くする

基本的に眉は眉頭が一番太く、眉尻に向かって少しずつ細くなり、眉尻が一番細くなるのが理想的。

眉頭を一番太くすることで、顔の重心が中央に寄り、目鼻立ちが際立つ

2:眉山を一番高くする

眉の中で一番高くしたいのは眉山眉頭~眉山にかけて上昇させ、眉山~眉尻にかけて斜めに下げるのがポイント。

眉山よりも眉頭が高くなると、上で紹介した「困り眉」になってしまうので要注意!

3:眉尻は下げ過ぎない

眉山~眉尻にかけて斜めに下げるのがポイントだけれど、写真のように下げすぎるはNG。間の抜けたような表情に見えたり、目尻や頬が下がって見えたりすることも…。

眉尻は下眉頭よりも下がらないように意識してみて。

4:眉山の位置を意識する

骨格によって個人差はあるけれど、バランスよく仕上がる眉山の位置は以下の通り。

【ストレート眉】
「黒目の外側のフレームの真上~目尻の真上の間」

【アーチ眉】
「黒目の外側のフレームの真上前後」

眉山の位置は内側過ぎても外側過ぎても不自然に仕上がるので、上記の位置を目安にしてみて。


眉は「プロポーション」を意識するだけで、印象が大きく変わる。これから眉メイクをするときは、描き方だけでなく、プロポーションも意識してみて。「なんかうまくいかない…」という眉メイクのお悩みを解消できるはず。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

supervised by

美眉アドバイザー
玉村 麻衣子

眉の技術者資格「Browtist(R)」を保有。筋肉や骨格に基づいた“似合う眉の形”の提案・施術し、コンプレックス解消につながる眉メイクの提案を行っている。
by.Sチャンネル「運命を変える眉メイクlesson」で月曜日(毎週)配信中!

Recommend