• 運命を変える眉メイクlesson

パウダー・ペンシル・マスカラ・リキッド。「アイブロウ」の正しい使い方&選び方

眉の仕上がりを左右する「アイブロウアイテム」。ひと口にアイブロウと言っても、パウダー、ペンシル、マスカラ… などなど、たくさんの種類があって迷ってしまうひとも多いはず。

そこで眉メイクの達人・美眉アドバイザーの玉村麻衣子さんに、

・アイブロウペンシル
・アイブロウパウダー
・アイブロウリキッド
・眉マスカラ

これらのアイテムの正しい使い方と選び方、おすすめアイテムを教えてもらった。

アイブロウペンシルの使い方

アイブロウペンシルは、眉毛の輪郭をとったり、眉尻などの細かい部分を描くのに使うもの。毛が足りない地肌の部分に描き足したいときも、ペンシルがあると便利なんだそう。

アイブロウペンシルの選び方

出典: 玉村さん提供

玉村さんがアイブロウペンシルを選ぶときのポイントは以下の3つ。

① 芯の先が細いもの
繰り出しタイプのペンシルには、アイライナーのような細めタイプと、先が太めの楕円タイプがあるけれど、玉村さんのおすすめは「細め」タイプ。細めの方が眉尻を思い通りに描きやすく、肌の凹凸があっても均等に色が乗りやすいため、使いやすいんだそう。

② 芯がやわらかく、描きやすいもの
芯が固いペンシルだと、肌にあたったときに刺激になることも。芯がやわらかいものの方が、力を入れなくてもスルスルと色がのるため、理想の眉の形が描きやすく、肌への刺激も少ないんだとか。

③ スクリューブラシがついているもの
描いた眉をぼかすときに便利な「スクリューブラシ」は、特に眉頭メイクでは必須アイテム。単品よりも、ペンシルに付属されている方が持ち運びにも便利なのでおすすめ。購入前に、スクリューブラシの肌あたりも含めてチェックしておくと◎。

玉村さんおすすめのアイブロウペンシルはコレ

コスメデコルテ AQ MW ペンシル アイブロウ(本人私物)

「3つのポイント」がすべて揃っているアイブロウペンシルで、特に芯がやわらかくスルスルと描きやすいのが特徴的。色がしっかりのってくれるので、とにかく"描きやすい"ペンシルです。スクリューブラシもやわらかく、肌あたりがよいのでおすすめです。

コメント: 玉村麻衣子さん

アイブロウパウダーの使い方

アイブロウパウダーは、ナチュラルにやわらかく描きたい部分に使うもの。求める仕上がりにもよるけれど、眉山〜眉尻にかけてはペンシル、眉頭はパウダーでふんわり描くとバランスがいいみたい。

ナチュラル派さんはパウダーのみで仕上げるのもOK。元の眉の濃さに合わせて複数の色を使うと立体的になるのでおすすめ。写真のように、眉中は濃い色、眉頭は薄めの色を乗せると自然な仕上がりに。

出典: 玉村さん提供

アイブロウパウダーの選び方

出典: 玉村さん提供

玉村さんがアイブロウパウダーを選ぶときのポイントは以下の2つ。

① 最低2色、できれば3色入っているもの
濃いめの色・ベージュに近い明るめの色、の2色以上入っているものを選んでみて。濃い色は眉尻や眉中に使用し、明るい色は眉頭やノーズシャドウにも使えて一石二鳥。複数の色を混ぜて、髪色や洋服に合わせて色味を調整できるのもうれしいところ。

最近はチップタイプのパウダーも人気を集めているけれど、一色でベタ塗りにしてしまうと立体感が失われたり、眉尻が太く仕上がってしまうこともあるため、体で使用するのはあまりおすすめできないそう。

② 付属のブラシが2種類ついているもの
付属のブラシは、コシがあるものとやわらかいものの2種類ついていると便利。眉毛にはコシがある方を使用し、ノーズシャドウを入れるときにやわらかい方を使用するのが基本的な使い方なんだそう。

玉村さんのおすすめアイブロウパウダーはコレ

プチプラなのに、お値段以上の優秀アイテム。色のもちやブラシのコシ、コスパなどをひっくるめて一番使いやすいパウダーだと思っています。特に使えるのが一番明るいベージュのパウダー。仕上げに大きい方のブラシで眉全体にふわっとのせることで、眉全体の色がやわらかくなります。

コメント: 玉村麻衣子さん

アイブロウリキッドの使い方

アイブロウリキッドは、眉の足りない部分に1本1本毛を書き足すために使うもの。元の眉毛の生え方がまばらなひとや、細眉を気にしているひとにとっては必需アイテムと言えそう。

元の眉毛がしっかり生えているひとでも、今風のナチュラルなふさ眉に仕上げたい場合はリキッドを使うのがおすすめ。たった2〜3本描き足すだけでも印象が変わるので、ぜひ試してみて。

アイブロウリキッドの選び方

目指す仕上がりにもよるけれど、玉村さんは「発色の良さ」「描きやすさ」「色もちのよさ」を重点的にチェックしているんだそう。

詳しくは、下の記事をチェックしてみて。

玉村さんおすすめのアイブロウリキッドはコレ

エレガンス アイブロウ リクイッド(本人私物)

適度にコシがある細いブラシで、色のりも◎。汗や皮脂にも強く、上からパウダーを重ねても落ちにくいところがお気に入りです。

コメント: 玉村麻衣子さん

眉マスカラの使い方

眉マスカラは、眉の色をやわらかくするために使うもの。あか抜け顔に見せるのはもちろん、毛をコーティングすることでふさっとさせる効果も。

眉マスカラを塗るときは下から上にジグザグとブラシで毛をつかむようにつけると、まんべんなく色がのるんだそう。その後、毛並みに沿って軽くとかすようにブラシを動かすと、さらに自然な仕上がりに。

そして忘れてはならないのが、つける前にブラシをティッシュオフしたり、塗った後にコームでとかすなどして、眉マスカラのつけすぎを防ぐこと。「つけていることが見てわかる」時点で眉マスカラメイクは失敗。自然に仕上げるためにも、この一手間を惜しまないで。

出典: 玉村さん提供

眉マスカラの選び方

種類がたくさんある眉マスカラ。玉村さんいわく、ヘアカラーの明るさや色味、そしてアイメイクの色味も考慮して、マッチするものをその時々で選ぶといいみたい。


詳しくは、下の記事もチェックしてみて。

玉村さんのおすすめ眉マスカラはコレ

キスミー ヘビーローテーション カラーリングアイブロウR(本人私物)

とにかく色が豊富で、ひと塗りでしっかり発色。ムラになりにくいのもうれしいポイント。いまっぽいフサ眉にできるマットな質感で、秋冬は特に愛用しています。

コメント: 玉村麻衣子さん

2020年最新!プロが教える、基本の眉の描き方

1:眉の毛並みを整える

スクリューブラシで眉をとかし、毛並みを整える。

2:眉下ラインを描く

アイブロウパウダーで、眉の下ラインを描く。眉の下ラインがぼやけていると、「ナチュラル」ではなく「ぼさぼさ」に見えてしまうから、ナチュラルに仕上げたいときも下ラインはある程度際立たせるのがポイント。

眉山までは目の角度(目頭と目尻を結んだライン)と平行になるように描き、眉山下からはやや斜め下に描くようなイメージで。

こんなかんじになる。

3:眉山~眉尻をつなげる

アイブロウパウダーをすこしブラシにとり直し、眉山と②で描いた眉尻をつなげる。

4:眉全体に色をのせる

眉全体にアイブロウパウダーで色をのせていく。このとき眉頭はまだ描かないで。

一方向のみにブラシを動かすのではなく、毛と毛の隙間を埋めるように左右に小刻みに動かすことでムラなくキレイに色がのります。最後に毛並みに沿ってブラシを動かし、毛並みを整えます。

コメント: 玉村麻衣子さん

5:ブラシに残ったパウダーを眉頭になじませる

眉頭は描けば描くほど不自然に仕上がってしまうから、4で使用したブラシに残ったパウダーをなじませる程度でOK。

このとき眉頭の角度が斜めになるようにポンとブラシをスタンプするように置き、眉尻に向かってスライドさせるのがコツ。

仕上げにスクリューブラシで鼻側に数回ぼかすとより自然に仕上がります。

コメント: 玉村麻衣子さん

6:極細ペンシルで色ムラを埋める

先が細いペンシルを使い、色ムラが気になる部分をチョコチョコと部分的に描き足していく。


これで完成!

眉下ラインを先に描くことで、ナチュラルだけどボサボサに見えない自然な仕上がりになるのだそう。

この後、眉マスカラやアイブロウジェルを使用すると、毛並みがフサっと際立つので、より立体感のある仕上がりになります。

コメント: 玉村麻衣子さん

眉色の決め方は?

眉色のベースとなるアイブロウパウダー。基本的には髪色を参考にして選ぶのがおすすめなのだそう。

表を見ると分かる通り、髪色によって似合う眉色は一色ではないのだそう。この表を参考に自分の髪色とマッチするものや、なりたい雰囲気に近いものを選んでみて。

ブランドによってカラー表記が異なるけれど、Webサイトなどの各色の詳細説明を見ると、「自然なブラウン」「落ち着いた暗めのブラウン」「黄みよりのブラウン」「赤みよりのブラウン」「アッシュ系」といった参考表記があるため、どれにすればいいかわからない場合は参考にしてみて。

眉色についてもっと知りたいひとは、こちらの記事もチェックしてみて。

トレンド眉は、透明マスカラで簡単に作れる

最近の眉メイクの流行のひとつが、毛並みが感じられる立体的な眉。平面的な「描きました」感のある眉ではなく、ふさっとした毛並みが感じられる3D眉がトレンドなのだとか。

セザンヌの『クリア マスカラR』は、まつ毛・眉毛の両方に使えるアイテム。

保湿成分、トリートメント成分が配合されていることから、毛を一本一本コートしていたわりながら眉毛にハリとツヤを与えてくれるという優秀アイテム。お値段400円(税抜)というところも、うれしいポイントですね。

コメント: 玉村麻衣子さん

使い方はとても簡単。眉メイクの仕上げに、マスカラをつけるように眉を下から上にジグザグと持ち上げるように塗布していく。最後に眉頭は毛を上に立たせるように、眉中~眉尻は毛流れに沿ってとかすように毛並みを整えればOK。

とても軽い付け心地で、バリバリ固まることもなくふさっとやわらかな質感に仕上がる。それでいて眉毛の立体感や毛流れを一日中キープしてくれるのだとか。

トレンド眉についてもっと知りたいひとは、こちらの記事もチェックしてみて。

パウダー、ペンシル、マスカラ。どれも選びきれないほど種類があるけれど、玉村さん流の見極め方を覚えておけば、もう迷うことはなさそう。アイテムを自在に使いこなして、眉メイクの達人を目指しましょ。

取材協力/美眉アドバイザー 玉村麻衣子

Channelバックナンバー

運命を変える眉メイクlesson

配信日:月曜日(毎週)

眉で人生は操れる?なりたい自分を叶える眉メイクをご紹介。

text : by.S編集部

Recommend