乾燥肌でもヨレ知らず。高カバー力&崩れにくいおすすめファンデーション12選

ベースメイクに必須なファンデ。今では、しっかりカバーしてくれるアイテムも増えたけれど、乾燥肌だと時間の経過とともに顔のパリパリ感も気になるところ‥。そこで、乾燥肌のファンデ選びの悩みを解決してくれるおすすめファンデを、タイプ別に12アイテムご紹介。

コスメ好きがあつまるクチコミサイト「Lulucos by.S(ルルコス バイエス)」に寄せられたレビューとともに、人気カラーやアイテムをチェック!

パウダーファンデーション

パウダーファンデでありながら、まるで空気のようにふわっと肌に馴染んでくれる質感。シミなどの気になる部分をカバーしながら、時間が経っても崩れることなくキープ。また、明るさも発揮してくれる強い味方。

肌の気にあるポイントだけでなく、赤みと言ったところもしっかりカバー。さらに嬉しいポイントが、時間が経てば経つほどファンデが肌によりフィットして、ナチュラル感が出るところ。ヨレたり崩れになる原因の皮脂を、敢えて味方につけて透明感へと変えてくれる独自技術は、さすが。

このアイテムの口コミをもっとみたいひとは、こちら。

軽いタッチのパウダーファンデ。"塗っています"感がほとんどない位に、毛穴や色ムラなどの気になるポイントもまるで素肌のようにカバー。ファンデをつけているのに、きめ細やかでふわっとした肌へ導いてくれるアイテム。

しっかりカバー力があるのに、軽いというのが大きなポイントのこのファンデ。だからこそ重ね付けする場合も簡単に、厚塗り感なく実現。付属のスポンジも良いけれど、ブラシで乗せることでよりキレイな仕上がりに。

このアイテムの口コミをもっとみたいひとは、こちら。

ファンデのお悩みあるあるの1つ、厚塗り感。一般的なファンデだとなってしまいがちだけれど、このファンデは補正粉末×板状粉末の組み合わせなので、普通に塗るだけでも簡単にプロのような仕上がりに。

肌になじみやすい4タイプのカラー、さらにINTEGRATEならではの特殊な粉末で、ナチュラルにカバー。また、ふわふわと柔らかいパフもキレイに仕上がる秘訣。より透明感かつ美しく見せたいなら、ブラシを使うのも1つのワザ。

よかった よかった!
今回お試しさせてもらったのは #インテグレート #プロフィニッシュファンデーション  10g/1,700円 SPF16・PA++ 私好みの真っ赤なパクト♥️ レフィルは4色ある内2番目に明るい オークル10にしました。 付属のパフはもにゅもにゅした マシュマロのような 柔らかさを感じるパフです。 パフでも綺麗につきますが これからの季節 赤リップや艶シャドウを活かす セミマットな肌を 作りたければブラシ使いがおすすめ👌 粉は軽く透け感のある仕上がり 特殊な粉の組み合わせで意識せずとも ファンデーション特有ののっぺり感が出ず 抜け感のある仕上がりに。 なので少し明るめのカラーを 仕上げのお粉として 使っても白浮きせず使えます。 でもちゃんと隠したいアラは隠してくれる カバー感はそのままに自然な仕上がりに。 光の反射も味方して 自然と顔色も明るく✨✨ 普段からカバーしすぎず 自然な仕上がりが好きな 私にぴったり☺️♥️ #インテグレート #いい女になろう #プロフィニッシュファンデーション #メイク #ファンデーション #プチプラ #プチプラコスメ #資生堂 #shiseido
  • りお さんが投稿した インテグレート プロフィニッシュファンデーション

このアイテムの口コミをもっとみたいひとは、こちら。

リキッドファンデーション

しっかりカバーをしてくれるけれど、それが決して過剰ではない、程よいカバー力を持つファンデ。私たち世代が気になる肌の色ムラも、さらっと均一にしてくれるのも◎。さらに、テカリを抑える成分も入っているからお直しも少しでOK。

このファンデだけでも十分、乾燥から守ってくれるけれど、保湿タイプの下地をつけることでさらに密着感アップ。時間が経っても、塗りたてのような肌が続いてくれるのも嬉しい強み。

このアイテムの口コミをもっとみたいひとは、こちら。

なめらかな微粒子パウダーの働きで、ほうれい線や毛穴などが目立たない肌へ導いてくれるファンデ。ミネラル保湿成分も配合されているから、フィット感も長時間キープ。しっとりしたセミマット肌へと仕上がる逸品。

みずみずしいテクスチャなので時間が経っても乾燥知らずで、夕方から夜にかけてのくすみ感もほぼゼロ。またより美しく仕上げるには、専用の「リュクスパフォーマンスブラシ」を使うのがベター。

このアイテムの口コミをもっとみたいひとは、こちら。

ヨレやくすみ、テカリ、皮脂崩れなどファンデの大敵とも言えるところを13時間もキープしてくれるファンデ。毛穴・色ムラも均一にカバーしてくれ、きめ細やかでまるで素肌のような仕上がりに。

このファンデは伸びが良いテクスチャでありながら、肌にのせるとスフレのような軽い質感なのが大きな特徴。しっとり感がありつつ、表面はさらりとしているので塗り心地も軽め。厚塗り感がないので、気になるところは重ね付けも◎。

このアイテムの口コミをもっとみたいひとは、こちら。

クリームファンデーション

肌を美しく見せてくれるのはもちろんのこと、つける時からクレンジングで落とした後まで、スキンケアをしているかのような潤いや感触を実感できる新感覚のファンデ。それはまるで、高機能な美容クリームかと思ってしまうほど。

とろけるように肌に馴染んでくれるので、乾燥に強いのも嬉しいポイント。お値段は張るものの、それ以上の役割を果たしてくれると言っても過言ではないほど。ツヤ肌に仕上げてくれるのと同時に、素肌も美しく導いてくれる優秀なアイテム。

テクスチャーは柔らかめのクリームで程よくコクもあり、伸びも良いです。かなり自然な仕上がりで凄く薄くつくのに気になる色ムラや肌の悩みは全てカバーします。それに1番驚かされました!!

出典: Lulucos オフィシャルメンバー ヒヨさん [2000]

このアイテムの口コミをもっとみたいひとは、こちら。

クッションファンデーション

リキッドファンデがクッションに染み込んでいるタイプ。乳液・化粧下地・UVが不要で、この1つでベースメイクが仕上がる便利なアイテム。花粉やPM2.5などもブロックしてくれるイオンプロテクトシステムで、あらゆる環境に心強い存在。

ファンデをつけながら、同時にエイジングケアしながら肌ケアができるのも大きな特徴。肌本来の持つツヤ・ハリを引き出して、より美しい素肌へと導いてくれる効果も。しっかり浸透するので、メイク直しもサッと楽に。

このアイテムの口コミをもっとみたいひとは、こちら。

FLOWFUSHI | ION de CUSHION ... のクチコミ

ファンデが早く崩れる原因でもある乾燥や空気中の汚れ、紫外線ダメージなどから守ってくれるアイテム。ファンデは水分を凝縮しているので、みずみずしく軽やかでツヤのある仕上がりに。

とにかくしっかりカバーしてくれるファンデ。でも決して重たすぎることはなく、ツヤ感のある仕上がりに。潤いたっぷりで乾燥する心配もいらず、みずみずしい肌をキープ。ツヤ肌が好きな方におすすめ。

このアイテムの口コミをもっとみたいひとは、こちら。

ミネラル+植物オイル+フルーツ美容液の天然由来成分で作られたファンデ。フルーツ美容液には、いちごの王様「あまおう」が贅沢に使われているほど。ノンシリコンなどナチュラルなファンデなので、肌への負担も少なめ。

カバー力がしっかりあるのに、石鹸で落とせるほどの軽さは嬉しいポイント。テクスチャはベタつきがなくサラッとしていて扱いやすいので、簡単かつ手早く絶妙なツヤ肌へと仕上げられるファンデ。

このアイテムの口コミをもっとみたいひとは、こちら。

CCクリーム

CCクリームには日焼け止め成分が入っているものが多いけれど、CHANELのこのアイテムに至っては「SPF50/PA++++」と紫外線からかなりしっかり守ってくれるレベル。もちろんそれだけでなく、色ムラを均一に整えてくれてなめらかな肌へ。

とてもよく伸びるテクスチャで、ナチュラルに若々しい素肌感が作れるクリーム。感触もやわらかく、肌にのせていても気持ちが良い使い心地。上からルーセントパウダーをのせることで、さらに美しい仕上がりに。

このアイテムの口コミをもっとみたいひとは、こちら。

CHANEL | CC クリーム N のクチコミ

くすみ・くま・ニキビ跡など隠したいところを、さまざまな色の光を放つパールの効果でカバー。ピンクベージュが肌をトーンアップしてくれて、透明感があり艶やかな美肌に整えてくれるCCクリーム。

伸びが良いので、少しの量でもしっかりつけられてコスパも抜群。肌に馴染みやすいピンクベージュは、マルチにフィットしてくれるカラー。乾燥知らずなツヤ肌に仕上げられて、肌も明るく。

このアイテムの口コミをもっとみたいひとは、こちら。

乾燥肌と言っても、個人差アリ

様々な肌質がある中で、乾燥肌と言ってもひとくくりにできないほど個人差があるもの。自分に合うファンデを見つけるには、ご紹介した12アイテムを中心に、BAさんに相談したり実際に試してみてから購入、というのが間違いない方法。

多少面倒であっても、毎日使うアイテムだからこそ妥協せずに選びたいもの。乾燥肌だから◯◯はイマイチ?と言った先入観も捨ててみて。
乾燥肌の貴女と相性の良いファンデ、きっと見つかるはず。

この記事で紹介した商品一覧がこちら。気になる最新の在庫状況は?

text : milkteagirl

Recommend