• 27歳からの、ビューティースポット

こんな症状が出てたらヤバイ…!? 目のお疲れ度・5つの項目をチェック→眼球エクササイズ

「パソコンやスマホを見ている時間が長い」というひとは“目”にかなりの負担をかけている。実は“目の疲れ”によって肩や首がこり、頭痛を引き起こすこともあるそう…。

インナービューティーインストラクターの松葉子さんによると、“目の疲れ”が疑わしい症状が出てきたら、ツボ押しやエクササイズをするとよいとのこと。詳しく聞いてみると…。

その症状…疲れているサインかも。目のお疲れ度を✔

パソコンに向かっているとき、スマホを見ているときなど、こんな症状が出ているひとは、気づかぬうちに“目”が悲鳴をあげているかも…。以下の項目に該当するか✔してみて。

・目がしょぼしょぼする

・目の裏が痛い

・キラキラしたものが見える(チカチカする)

・目を閉じることが辛い

・目のまわりが痙攣する

ひとつでも、該当したら「疲れている」という体のサインかも。現時点では、病気ではないかもしれないけれど、この状態を放っておくと病気を引き起こす原因となる「未病(みびょう)」の状態、と松さんは語る。

長時間パソコンやスマホに向かうときは、1時間に1度は伸びをするなどリフレッシュすることを忘れないで。

パソコンなどは、集中していると1時間という時間を忘れてしまいがち。そこで、アラームやキッチンタイマーで1時間を計って、1時間経ったら伸びをしましょう。意識づけすることが大切です。

コメント: 松葉子さん

気づいたときに押すだけでOK! 目の疲れに◎な“ツボ”はここ

“目の疲れ”に効果的なツボを、仕事中や移動中など気づいたときに押すのがおすすめ。定期的に押してあげると、だいぶラクになるかも。ツボを押すときは、2〜3秒かけてゆっくり圧をかけて、2〜3秒でゆっくり離すのがコツ。

①目頭の上の少しくぼんだ所を親指の腹で押す。

②眉頭を眉間を伸ばすようにゆっくり押す。そのまま眉の真ん中、眉尻も押す。

③こめかみを押す。

目の下(眼球の下の真ん中あたり)は、4本の指の腹を置くだけくらいの圧を加える。

目の疲れがひどいときはツボを押すと痛いときがあるから注意。基本的には、イタ気持ちいいくらいの力でOK。

こめかみ(太陽のツボ)は眼科殺しと言われるくらい、目によいツボです。ここを押すだけでも目の疲れを軽減してくれるはずですよ。

コメント: 松葉子さん

目を閉じて動かすだけ。”眼球エクササイズ”で筋肉をほぐすべし

ツボ押しに続いて、目を閉じて眼球を動かすエクササイズも◎。やり方は簡単。

①目を閉じる。

②目を閉じたまま、まぶたの中で、左・右・上・下と動かす。

③次も閉じたまま、右回り・左回りと動かし、最後に寄り目をする。

目の裏が、温かくなるのを実感できたらちゃんと動かせている証拠。これも1時間に1回くらいやると◎。
時間がないときは、目をぎゅっとつむってパッと開くだけでも効果あり。

ツボ押しや、眼球エクササイズ以外には、温冷タオルを乗せるのもおすすめです。お湯につけたホットタオルを目の上にしばらくのせて、タオルが冷えたら、今度は氷水につけたタオルをしぼって目の上にのせます。これを5回くらい繰り返すと目がすっきりしますよ。

コメント: 松葉子さん

首や肩のこりなどで頭痛などの原因ともなり得る、“目の疲れ”。放っておかずに、気づいたときに「ツボ押し」や「エクササイズ」を試してみては? はじめは、目の疲れを感じてからではなく、“1時間に1回やる”と決めてやるのがおすすめ!

取材協力/インナービューティーインストラクター 松葉子さん

Channelバックナンバー

27歳からの、ビューティースポット

配信日:木曜日(隔週)

生活スタイルの意識とエクササイズで、心も身体もハッピーに。

text : Yukari Shirai

supervised by

スポーツトレーナー/セミナー講師
松 葉子

インナービューティーインストラクター。運動の大切さと女性のカラダとココロのメカニズム、ビューティー理論を提供している。
by.Sチャンネル「27歳からの、ビューティースポット」で木曜日(隔週)配信中!

Recommend