「奥二重さん」もデカ目になれる“1人3役アイシャドウ”。プロ技が叶うプチプラアイテムはこれ

二重よりも目もとが少しキツく見られがちの奥二重。そんな奥二重の人も、メイク次第で理想の目に変身できるはず。あらゆるプロに美の知見を聞いてきた編集部が、奥二重にぴったりなパッチリEYEになれるアイシャドウをご紹介。

コスメ好きがあつまるクチコミサイト「Lulucos by.S(ルルコス バイエス)」に寄せられたレビューとともに、人気カラーやアイテムをチェック!

奥二重さんも理想のパッチリEYEになれる「アイシャドウ」

アイメイクに欠かせないアイシャドウ。奥二重の人にとって商品選びが肝。そんな奥二重さんへ、編集部が厳選したアイシャドウがコチラ。

[お問い合わせ] 株式会社井田ラボラトリーズ キャンメイク ☎0120-44-1184
HP:http://www.canmake.com/

アイシャドウ・アイブロウ・アイライナーとマルチに使える5色入りアイシャドウパレット。明度の違う同系色ブラウンで構成されたパレットで、きれいなグラデーションが簡単に叶う逸品。ラメのないマットな質感なので、学校・会社メイクにもぴったり。

商品の背面にある指示どおりに、「A」をアイホールに広めに広げた後、「B」を二重幅全体に重ねる。「C」を二重幅の目じり側に重ね、「E」をアイラインのように細く際に入れれば完成。付属のチップだけでなく、指や筆を使っても、また違った質感を出すことができる。

実際に『パーフェクトマルチアイズ』を使って、奥二重さんにメイクしてみた

出典: 編集部撮影

パールやラメがたくさん入ったアイシャドウは華やかだけど、まぶたを腫れぼったく見せてしまうのが難点。腫れぼったく見えがちな奥二重の人にとって、マットな質感のCANMAKE『パーフェクトマルチアイズ』は最適なアイテム。

ラメ系のアイシャドウばかり使用していたので、マットな質感は久々な感じでした。カラーも5色入っているので、グラデーションが簡単につくれます。サラサラしすぎず、しっとりもしすぎず、ちょうど良い使用感です。粉飛びがしないのも嬉しいですね。
マットといっても、一番明るいカラーは適度なパール感があるので、ベースや涙袋にもピッタリです。

コメント: 編集部コメント

出典: 編集部撮影

奥二重の人は、瞼が目に覆いかぶさってしまう人も多く、アイシャドウを塗っても見えないなんてことも。しかし、上記にもあるようにAをベースにBとCを重ねて、Eを際に入れると、キレイなグラデーションが出来上がり。

パール感の少ない、こちらの商品を背面にある指示どおりにのせてみると、奥二重でもパッチリと彫り深く見えます。今までパールの入ったアイシャドウを使っていたので、奥二重をさらに腫れぼったく膨張させて見せてしまっていただなんて…!早くマットな質感のシャドウを試してみるべきでした。しかもコレ、アイラインやアイブロウ変わりにも使えるので、800円程度の値段で、このクオリティは大満足です!

コメント: 編集部コメント

出典: 編集部撮影

比べてみると一目瞭然。マットなグラデーションのおかげで、ホリが深く、顔全体が引き締まった印象に。膨張しないマットな質感の、使いやすいブラウン系が5色も揃ったCANMAKEパーフェクトマルチアイズは、奥二重の人にとって最適な逸品かも。

このアイテムの口コミをもっと見たいひとは、こちら。

プロは、奥二重さんへのアイシャドウをこう選ぶ

パールやラメがたくさん入ったアイシャドウはキラキラとしてきれいだけど、まぶたを膨張して見せてしまうため、奥二重の人は避けるのがベター。また、ピンクなどの淡いカラーも膨張色なので要注意。選ぶのなら、深みのある目もとが作れる、ブラウン系がメインのグラデーションが簡単なパレットがおすすめ。

・パールやラメの入っていないものを選ぶ
・ピンクなどの膨張色は避ける
・グラデーションのできるブラウン系パレットを選ぶ

プロが奥二重さんにおすすめするアイシャドウの塗り方

セルフメイクアーティストの斎藤綾乃さんが奥二重さんにおすすめのアイシャドウの塗り方をご紹介。

薄い色味のブラウンアイシャドウは、上まぶた全体に塗る。そのあと、濃い色味のブラウンアイシャドウを、黒目の終わり部分から塗り重ねて。

出典: 斎藤さん撮影

濃い色味のブラウンシャドウを、目尻に「くの字」のように塗れば、たれ目に見せる効果もあります。アイシャドウの入れ方次第で、たれ目にも、つり目にもなれるので、その日の好みに合わせて、目元に動きを出して。

コメント: 斎藤さん

この他にも斎藤さんが奥二重さんにおすすめのメイク方法をご紹介。詳しくはこちらの記事もチェックしてみて。

ここだけは押さえて!奥二重のひとのアイシャドウ注意点

1.濃い色で塗りつぶして、二重幅を無駄にしない!

奥二重の方は、かろうじて二重の幅があるのに、濃いブラウンシャドウを塗布してしまうと二重部分が引き締まりすぎて、目が小さく、一重のように見えてしまいもったいないことに。二重幅の部分には、締め色よりもワントーン明るいシアー感のある色を塗ることで、明るい涼しげな目元に。

2.膨張色やパール・ラメを使うときは慎重に!

膨張色の赤やピンクや、パールやラメが入ったアイシャドウを全体に広げてしまうと、腫れぼったい印象に。使用するなら、涙袋やまぶたの中央部分だけなど、ワンポイントとしての活用が◎。くすみピンクやパープルなら締まった印象になる場合もあるので、よく吟味してみて。

3.オレンジを二重幅に入れるとなぜか二重が幅広に見える!

二重のラインがくっきり見えるので、目元がポイントのメイクの時にさりげなく仕込むのが◎濃いめのオレンジが最適。二重に近い奥二重さんなら試してみる価値あり。

4.縦よりも横に長くを意識!

奥二重さんの魅力は、スッと切れ長の目。縦の幅よりも、横幅を長く見せることを意識すれば、きれいなアーモンドアイに仕上がる。キツく見える場合は、涙袋に膨張色をのせて、ぷっくりと強調してみて。

奥二重さんのアイシャドウの塗り方についてもっと知りたいひとは、こちら。

まとめ

アイシャドウの選び方ひとつで、奥二重でも理想の目に変われるのなら、一度試してみる価値はありそう。アナタも自分に合ったアイシャドウを見つけて、パッチリEYEメイクに挑戦してみては?

もっと奥二重さんにおすすめのメイク方法やコスメについて知りたいひとは、こちらの記事もチェックしてみて。

この記事で紹介した商品一覧がこちら。気になる最新の在庫状況は?

text : s

Recommend