ちりちりアホ毛・若白髪・薄毛etc…。相談しにくい「髪悩み」を、毛髪診断士が一挙解消

初夏の日差しがさしこむ、ある日、ふと鏡を見ると…。
「あれ? 白髪が生えてる! おまけにアホ毛も…」といった経験がある、というひと、実は結構多いはず。

そんな、ひとには相談しにくい「髪のお悩み」には、NG要因がある。毛髪診断士の美香さんが日々のヘアケア習慣をもとに、アドバイスしてくれた。
これで、“残念ヘア”を解消できるかも!

せっかくのカラーリングも、これ1本のせいで台無し…

トレンドのヘアカラーに身をつつむ。そのなかに、たった1本でも白髪を発見したら、一気に気分は急降下…。「遺伝性のものもあるので断言はできないけれど、色素細胞を目ざませる必要がある」と美香さん。シャンプー前の、オイルマッサージやブラッシングが重要なのだとか。

25歳を過ぎたころから、急に薄くなってきた…

ダイエットのために定期的な運動をしている、というひとも多いはず。どうしても汗をかいたら、シャンプーでしっかり洗いたいけれど、最低でも、4・5時間は空けることがマスト。さらに、「乾燥」も薄毛の原因に…。白髪対策のケアと同様に、頭皮にうるおいを与え、水分蒸発を防ぎ、良い状態を保つことがカギ。反対に、ベタベタにするのもNG。

トリートメントをしっかりやっているのに、また生えてくる…

髪の毛の表面から次々と生えてくる、アホ毛…。その都度、抜いている、というひとは要注意。美香さんによると「アホ毛は、新生毛。抜き続けると、薄くなってしまいますよ…。長くなって、馴染むのを待つのみです」とのこと。抜かずに、ワックスを米粒大、手に取りフィックスするのが、おすすめなのだそう!

白髪も薄毛もアホ毛も、頭皮環境を整えることが大切です。どうしても、髪の毛に目を向けがちですが、頭皮に目を向けてみてください。

コメント: 美香さん

初夏→夏にかけて、陽がさしこみ、アホ毛・白髪・薄毛などなど「髪悩み」があらわになるシーズン。残念ヘアになるか、大満足ヘアに仕上げるかは、あなた次第。いますぐ、毎日のケアを“なんとなく”から“まちがいない”に、切り替えましょ。

取材協力/「AMATA(アマータ)」オーナー・毛髪診断士 美香さん

text : by.S編集部

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend