ミスユニバースの食生活、ここが違う! 我慢しない「美BODY・キープ」の食事ルールって?

二の腕・お腹まわり・太もも・ふくらはぎetc…やっぱり気になる! そんなとき見直したいのは、日々の食生活。

いつ見ても、美しい、2008・ミス・ユニバース・ジャパンで、WCBC(ワールドクラスビューティークラブ)メイン講師の美馬寛子さん。きっと、その食生活は、きびしい食事制限があって「ふつう」ではないのだろう。

その実態を明らかにするべく、ダイエット奮闘中のby.SエディターSが、美馬さんは普段なにを召し上がっているのか、探ってみると…。

食事は、ふつうですよ。炭水化物も甘いものも摂ります。

コメント: 美馬さん

本当に、ふつう? 美馬さんの食事ルールに、迫る

Q 例えば、どんな炭水化物を召し上がるのですか?

パスタは大好きで、よく食べますね。ただ、8年前に検査をして合わないとわかってから、肉を摂らないようにしているので、ミートソースパスタを食べたいときには“ソイミート”を使って調理します。

コメント: 美馬さん

Q ときには、市販のパスタソースなどを使うこともあるのですか?

市販のパスタソースは、塩分や脂分が多すぎることもあるので、あまり使いません。自分でつくるときも、味付けはガーリックや塩コショウなどシンプルに仕上げます。

コメント: 美馬さん

Q 「甘いもの」も、召し上がるのですか? 

もちろん、甘いものも食べます。大好きです! ただし、砂糖を使わないようにしているので、砂糖のかわりに“アガベシロップ”を使っています。

コメント: 美馬さん

「“肉”と“砂糖”は摂らないのがルール」と語る、美馬さん。とはいえ、肉と砂糖を使わずに、実際にどんなメニューを食べているの…?

ある日のランチタイムにフォーカス!

【Salad】
濃い色の野菜を中心に、ほうれん草やケールをチョイス。トッピングには、キドニービーンズと茹でたキヌアを。
ポイントは、お湯にココナッツオイルをいれてキヌアを茹でること。プチッとして良い食感になるのだそう。ドレッシングは、バルサミコ酢で。

【Pasta】
市販のパスタソースなどは使わず、トマト・たまねぎ・ガーリック・ほうれん草・ケールと、ソイミートを使ってパスタソースに。味付けは、塩コショウでシンプルにするのが◎。
ほかに、トマト・ガーリックをミキサーにかけ、パセリ・塩コショウをまぶして、冷静パスタとして食べるのもおすすめとのこと。

【Dessert】 
美馬さんお気に入りのバナナケーキは、もちろん砂糖不使用! かわりにアガベシロップを。小麦粉の代わりに全粒粉・そば粉・米粉など、グルテンフリーのものがベスト。
クリームチーズ・ヨーグルト・ゼラチン・アガベシロップでつくる、レアチーズケーキも好きでよくつくるのだそう。

やっぱり、ミスユニバースの食事は「ふつう」じゃなかった…!

コメント: by.Sエディター

ダイエットやスタイル維持のために、きびしすぎる食事制限は、ストレスになり続けるのが難しいけれど、“少しずつ、体に良い食事の知識を学ぶこと・摂取すること”=食への意識を持つことが「美」につながるのかも。まずは、きっかけづくりから、はじめてみてはいかが?

取材協力/ワールドクラスビューティーエキスパート 美馬寛子さん

text : by.S編集部

supervised by

ミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクター
美馬 寛子

08ミス・ユニバース・ジャパン。2018年よりミス・ユニバース・ジャパン ナショナルディレクターに就任。ワールドクラスな目線で日本女性の美の可能性を広げている。
by.Sチャンネル「ワールドクラスへようこそ」で月曜日(月1)配信中!

Recommend