【#14】つきあって2年。Facebookのステータスを、突然「独身」に変更した彼の心理

大人の女としての華麗なSNSスルー術を、ケースごとに学んでいく連載「大人のSNS処世術」。
第14回目は『Facebookの交際ステータス』のお話。

Facebookの基本データで設定できる「交際ステータス」。その選択肢は驚くほど広く、“交際中”や“婚約中”はもちろん、“オープンな関係”に“離婚”なんていうのまである。

もしも貴女の最愛の彼氏がそのステータスを、わざわざ「独身」と設定していたら…。間違ってはいないけれど、なんだか胸がざわつくこの選択。彼の真意はいかに。

「交際中」ではなくナゼ「独身」?Facebookステータスに隠された彼の心の内

- 今回のお悩み -
『付き合って2年の彼氏が最近Facebookのステータスを“独身”にしていました。“交際中”という選択肢もあるのに、わざわざ“独身”…何か意味があるのかなと疑ってしまいます。どんな理由が考えられるでしょうか?』

彼氏と順調に交際を続けているA美(28)。
ある日、彼のFacebookページを見ていると、この間まで設定されていなかった交際ステータスが「独身」になっているのを発見。「交際中」ではなく「独身」を選んだのは、無意識なのか、もしくは何か考えがあるのか…と、モヤモヤしてしまうA美。

今夜も二丁目のブルボンヌに、彼氏の心理を聞いてみた。ブルボンヌの見解とは...?

ブルボンヌ:「独身」。
一般的には、「現在、婚姻契約を結んでる相手はなし」って意味と同じになりがちだけど、この言葉って奥が深いわ~。

ひらいて読んで「独り身」になると、途端に「交際中の相手もいない」イメージになるのよね。

多分、あなたが「ちょっとー、Facebookのステータス、急に独身に設定してたでしょ!」と(内心すごいピリピリしつつ)何気ない会話を装って彼に聞いたとしたら、
彼は「え、でも結婚してるわけじゃないし、独身だよなって」くらいに答える気がするわ。

「独り身」じゃない男でも、婚姻契約さえ結んでいなければ「独身」と言うのはウソじゃないもんね。

でも、Facebookには「交際中」ってステータスもあるのに。
ここよね~。

今まで設定してなかったってのは、とくになんの気なくやってたことだと思うの。
で、何かのタイミングでそこを設定する気になった。
その時には選択肢に「交際中」があるのに気づかないわけはないはず。
でも彼は、日本語的にウソを言ってるわけじゃない「独身」を選んだ。

ってことは、Facebookでつながってる特定の、もしくは未来の誰かを意識しての行為、だわよね~。

実際のところ、不特定多数の人間たちが知り合う場所で「既婚ですから!」「交際中ですから!」とラベルを掲げたがるのって、女性性優位の行動だと思うのよ。
「落ち着いてる幸せ」をアピールするにしろ、女子アカウントだからってすぐに下心出してくる男たちへの防御壁に使うにしろ、女子がそれを伝える意味は分かるの。

でも、傾向として遺伝子撒き散らしてぇ欲が強い側の、男性性がわざわざ「俺はもうヒトのものですから!」と伝えたがるかって話よ。
付き合いたてとかのラブラブ絶頂期にありがちな見せびらかしたいモードか、子供を含めてのファミリーアピールの時くらいは納得だけど。

歓楽街で働いてると、さりげなく結婚指輪外してるオトコが意外なほどいるのがよく分かるわよ~。

自分から浮気しまくらないまでも、もしかしたら好意を持たれるかもしれない相手の前で、わざわざ「売約済」の札を好んでぶら下げる男ばかりじゃないってことよ。

彼のステータス変更は、なんてことない、男たちにありがちな「あわよくば」意識の現れかもしれない。
でももしかしたらもっと具体的な「SNSでやり取りしてる気になる誰か」の出現や、2年たってすっかり落ち着いた分、「それはそれ、これはこれで…」な行動をとろうとしてる証なのかもしれないわ。

でも最初の3ヶ月ならいざ知らず、付き合って2年も経ったオトコが、ありがちな「男の下心」を持つこと自体に、いちいち怒ってたら大変よ。

ゲイの出会い系SNSなんてもっとすごいんだから。
付き合ってる彼氏やその友達が見てるかもしれないからか、プロフィールに「大切な相方がいます。」って書いてる人もよくいるんだけどね。
そもそも出会い系だから!
半裸画像とタチ・ネコ(攻めか受けか)の情報も載せつつ「でも大切な相方もいますから、そのへんうまいことお願いします」だったりするわけ。


下心・浮気心ありありの「そんな男」はいっぱいいるし、それと2年付き合ったのもあなたの現実。正直に疑問をぶつけて擦り合わせるのか、余裕で見過ごしていくのか。今後の付き合いに何を求めるかもあなたの選択。

こんなモヤモヤをプロフィール設定一つで抱えるハメになるんだから、ほんと、付き合ってる二人がお互いのSNSを見合うって、めんどくさ~!

彼とは結婚を意識しているA美。もしも彼が他の誰かと出会う可能性を探っているのなら、そこははっきりさせておきたい。小さな言動に人間の本音が出る時もある。今度会った時に、彼に直接聞いてみようと心に決めたA美であった。

今回、お悩みにお答えいただいたのは、女装パフォーマー/ライターのブルボンヌ氏。
メディア・イベントへの出演・連載をはじめ、新宿2丁目のMIXバー『Campy! bar』ではプロデューサーとして、また女装パフォーマー集団『Campy!ガールズ』のメンバーとして多方面で活躍している。

text : by.S編集部

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend