「友達だけかわいい写真」の拡散Stop。飲み会で“撮られ美人”になる4つの鉄則

PR:キリンビール株式会社

出典: Rawpixel.com/Shutterstock.com

お酒の席が増える年末年始。楽しく写真を撮り合うのはいいけれど、突然カメラを向けられて焦った経験はありませんか? メイクはよれよれ、顔は真っ赤、しかも手には大きなジョッキ…。そんな写真をSNSにアップされてしまう前に、可愛い撮られ方を学びましょう。

自信をもってタグ付けok。“撮られ美人”になるための4鉄則

今夜は、気になる彼も参加する飲み会。「写真うつりが悪いから…」と嘆く前に、すぐにできる4つのコツを試してみて。

1. 白っぽい服で“レフ板効果”を狙う

出典: Aleshyn_Andrei/Shutterstock.com

飲み会の一着に選ぶべきは、白っぽくて首元が空いた服。明るい色の服を着ることでレフ板効が期待でき、顔色を明るく見せてくれます。また首元を出して鎖骨を見せることで、痩せ見え効果も。おすすめは深めのVネック。顎のラインがシャープに見え、写真うつりも◎。

2. お酒と同量の水で“ハメの外しすぎ”を防止

出典: iceink/Shutterstock.com

楽しくなってつい飲みすぎてしまうと、“撮られ美人”から遠ざかってしまうもの。ハメを外しすぎて変顔で写ってしまったり、撮られたことに気づかなかったりと、翌日後悔することになります。肝臓がアルコールを分解するためには、大量の水が必要。飲んだアルコールの量と同じか、それ以上の水分を適宜摂るようにしましょう。

3. 目を隠す“ディフェンス撮り”で視線を外す

出典: oneinchpunch/Shutterstock.com

お酒を飲むと目が充血したり、腫れぼったくなってしまう…という貴女は注意。まっすぐカメラを見ると、睨んでいるような怖い印象になってしまいます。そんなときはあえてカメラを見ず、隣にいる子を見つめてみて。アイメイクがヨレているかも…というときは、手で目を隠す“ディフェンス撮り”を。みんなと同じ表情にならないことで、写真の雰囲気も盛り上がります。

4. 鮮やかな果実酒で“ツヤ酔い”見せ

出典: Oxana Denezhkina/Shutterstock.com

大きな生ジョッキを持ってはしゃぐ姿は、彼に見られたくないかも…。目指すべきは、ほどよく飲んでちょっぴりほてった“ツヤ酔い顔”です。可愛く酔えて写真うつりも◎なのは、綺麗な色の果実酒。小さなグラスでゆっくり飲めば、しっとり上品な印象に。本物の果汁を使ったお酒なら、美容が気になる女性にもぴったりですね。

これで写真うつりはOK。自信のある1枚が撮れたら、ハッシュタグをつけてInstagramキャンペーンに投稿してみませんか?

“ツヤ酔い”を叶えるお酒。『杏露酒』で撮られ美人に

国産あんずの実をまるごとじっくり漬け込んだ『杏露酒(しんるちゅう)』。女性が可愛さを忘れずに酔えるお酒です。

50年近く親しまれてきた杏露酒は、国産あんず100%浸漬酒を使用。ほとんど生で流通することが無いあんずのみずみずしさや甘酸っぱさが、美味しさのポイントです。

ロックやソーダ割りはもちろん、紅茶割りやオレンジジュース割りなどもおすすめ。お家飲みには必ず用意したいですね。

渾身の“ツヤ酔い顔”をポスト。広告塔としてデビューを飾るかも…?

12月9日までの期間中、ハッシュタグ「♯ツヤ酔い」♯杏露酒を飲んで撮影」をつけて、ほんのり酔った“ツヤ酔い顔”をInstagramにポスト。選ばれた写真は、なんと渋谷駅等の交通広告に採用されるチャンスです。

※画像はイメージです。実際の広告とは異なる場合がございます。

【キャンペーン概要】
日時:2016年11月21日~2016年12月9日12:00
概要:Instagramでハッシュタグ「#ツヤ酔い」「#杏露酒を飲んで撮影」を入れて写真を投稿してキャンペーンに応募してください。

お気に入りのソファーの上、夜風が気持ちいいベランダ、もちろん女子会の風景など。貴女のベストショットを投稿してみて。

出典: sergey causelove/Shutterstock.com

目指すは、いつカメラを向けられてもOKな“撮られ美人”。次の飲み会で、さっそく試してみてはいかがでしょうか。

ストップ!未成年飲酒・飲酒運転。

Sponsored by キリンビール株式会社

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。