【#6】「君を幸せにするために生まれてきた」夫婦の愛が冷めない秘訣は毎日何度も"◯◯すること"

貴女が理想とする人生はどんなものですか?

本連載では、キャリアや結婚の選択を迫られる、悩み多きby.S世代が"将来なりたい理想像"として描く、自己実現も素敵な結婚も手に入れた、まさに"S class"なひとをご紹介。

第6回目は、元雑誌モデルでネイリストのServe' 万里子(サーブまりこ)さんが登場。

プライベートでは教育関係のお仕事をされているアメリカ人の旦那様と、ハワイオアフ島ワイキキで愛情に溢れた日々を送っています。そんな万里子さんの仕事とプライベートに迫りました。

ーネイルの世界からモデルの世界へ華麗なる転身。

現在は専業主婦として旦那様を支えている万里子さんですが、実はネイリスト検定一級の資格を持つれっきとしたネイリスト。独身時代はサロンで働きながらフリーネイリストを目指していたといいます。

そんなある日、スカウトされたことがきっかけで、20代前半からモデルの仕事を本格的に始動。雑誌『『ES POSHH!』の専属や、カタログ『aimerfeel』のカバーガール、ショーモデルなど幅広く活躍されました。

万里子さん:「モデルは自分をアピールする仕事ではなく、撮影イメージ通りに自分を演じ、商品の魅力を最大限にアピールする仕事です。そのため、食事管理や体のメンテナンスをはじめとする厳しい自己管理は欠かせません。その時の習慣は今も続けています」

好奇心が旺盛な万里子さんは、モデル業の傍らお母様が経営するエステサロン「プルソワン江坂」を手伝うようになったといいます。

万里子さん:「そこで、エステの知識や技術、サロンの経営などたくさんのことを学びました。そして、もっとスキルアップしたいと思い、思い切ってカナダへ留学することにしたのです。そのタイミングで以前から友人関係だった主人と結婚し、現在はハワイで専業主婦をしております」

ー「僕は君を幸せにするために生まれてきた」旦那様の情熱的なプロポーズ。

日本での生活を捨て、ハワイに移住を決意させた万里子さんの旦那様。プロポーズは実に情熱的だったそうです。

万里子さん:「毎週金曜日にヒルトンハワイアンビレッジで打ち上がる花火があるのですが、一番綺麗に見える場所に連れて行ってくれ、花火が終わった瞬間に膝まずき、私がずっと欲しかった指輪を指にはめてくれました」

万里子さん:「そして『僕は君を幸せにするために生まれてきたんだ。僕のこれからの人生を全て君にささげます。結婚して下さい』とプロポーズしてくれました。とっても感動して思わず涙を流したのを鮮明に覚えています。

今でも変わらず『僕の仕事は君を幸せにすること』と口癖のように言ってくれる主人に、いつも感謝の気持ちでいっぱいです」

ー旦那様と毎日海辺で過ごすのが日課。

こうして万里子さんは、旦那様との結婚を機にハワイへ移住。

現在は旦那様とビーチでスイミングやサーフィンをしたり、カクテルを飲みながらサンセットを鑑賞したり、毎日海辺で生活を送っているといいます。

万里子さん:「この辺りはレストランも多いので外食も楽しんでいます。週末はラニカイやワイマナロ、ノースショアやウエストサイドの方まで泳ぎに行ったり、運動がてらハイクにもよく出かけますね」

ーレディファーストな旦那様と過ごす、ラグジュアリーな休暇。

結婚してもなお、旦那様が万里子さんに注ぐ愛情は計り知れません。

万里子さん:「週末は主人が私たちのお気に入りのシャンパンを抜いてくれ、フルーツと一緒にベットまで持ってきてくれます。『いつも頑張ってくれているから今日はリラックスして』と、朝食も作ってくれるんです。とても優しい主人に甘えています」

上記の写真は、ニューヨークにある旦那様のご実家。長期休暇の際は、この広大なお庭でパーティーを楽しむのだとか。

万里子さん:
「結婚式の前日のリハーサルパーティーもこのお庭で行いました。今年のクリスマスとお正月は主人の実家で過ごす予定なので、今からとても楽しみで仕方ありません」

ー毎日何度も「I love you」と言い合う。愛の温度が冷めない秘訣

もともとアメリカ人男性は日本人男性に比べてレディーファーストが当たり前のお国柄
。例に漏れず、旦那様も万里子さんを女性として大切に扱ってくれるといいます。もちろん、万里子さん自身も努力を欠かしません。

万里子さん:「常に『You are so beautiful』や『I'm so lucky and happy』など嬉しい言葉をかけてくれる主人に、毎回感謝の気持ちを忘れないようにしています。

また、スキンシップと愛情表現を豊かにすることも大事。仕事に送り出す時は行ってらっしゃいのキスと『I love you』の一言は欠かしたことがありませんし、毎日何度も『I love you』と言い合います。

そして、日々の食事管理がとても大切です主人の健康を考え、オーガニックやno msg・non gmoの食品を選んで作っています。もちろんお昼も私の手作り弁当を。健康・食事のサポートは私が彼のためにできる一番大事な仕事だと思っています。

あとは、どんな時もセクシーで品格がある美しい女性でいることだと思います。アメリカ人男性は、社交的で英語を話せるアジアンビューティーな日本人女性が好き。かわいいよりセクシーが人気なのです。

そして社交的になるためには語学力が必要です。なぜなら語学力がなければ彼はもちろんのこと、彼の周りの方ともコミュニケーションが取れないからです」

モデル時代に培った自分磨きスキルを継続し、美貌を保っている万里子さん。それだけでなく、旦那様の優しさに頼りきらずに、言葉や行動を介して愛情を与え合うお二人だからこそ、いつまでも仲良く居られるのかもしれませんね。


今後もこの連載では、まさにby.S世代が夢に見る、理想の姿を体現している"S classなひと"に焦点を当てていきたいと思います。

次はどんなレディに会えるでしょうか? 次回もお楽しみに。

text : by.S編集部

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend