【#7】休日は、まるでファッション誌の1ページ。アパレル会社の美人広報が手放せない"必殺item"

仕事もプライベートも充実したワンランク上のワーキングガール達は何を纏うのか?彼女達の「勝負服」からその暮らしぶりや人物を追求する本連載。

第8回目のミューズは、株式会社ネバーセイネバーが展開する女性向けファッションブランド「STYLE DELI」(スタイルデリ)のアシスタントプレス兼ショールームとして働く金城絵美さん。美人広報として雑誌『POPEYE』で紹介されるなど、彼女の活躍ぶりはメディアも注目している。

そんな誰もが羨む彼女の"勝負服"とは?

ー ショップ店員からスタートしたキャリア。

彼女のキャリアの幕開けは、19歳で上京後、ショップ店員についたところから始まった。

金城さん:「先輩が次々と卒業し、気がつけば店長の位置にいました。自分が仕切ったりスタッフを育成したりするなど、不安やプレッシャーと戦う毎日で……友達の前で何度も泣きながら話したのを覚えています」

そんな中、皆で目標を達成したあとの満足感や後輩が成長していくことの嬉しさなど、沢山のことを学んだ。その経験が金城さんの仕事に対する意識に色濃く反映され、現在に至る。

金城さん:「お客様に伝える楽しさを知り、今後は広報として働いてみたいという想いから現在の会社に入社しました」

彼女の仕事は多岐に渡る。アシスタントプレス業務では、雑誌の打ち合わせから撮影、掲載に至るまでの全てのやり取りのほか、自社撮影の準備やブランド資料作成、ブランドのSNS更新なども行う。

金城さん:「アシスタントプレスは、分かりやすく言うとプレスになるまでの修行の身。自社撮影の準備では、コーデ組みのセッティングや使用する商品のスチームあても行います」

一方ショールームでは、ショップスタッフの経験を生かし、新作の案内やコーディネートの提案などを行っている。

金城さん:「スタイルデリのお客様はリピート率が高いので、その人の情報をなるべく覚えるようにしています。そうすることによって、その人の好みや持っている服を踏まえたコーディネートのご提案ができるのです」

服に向き合うだけでなく、直接消費者と接することも大切にしている。彼女がメディアから一目置かれる理由は、そこにあるのかもしれない。

ーファッションに精通した金城さんならではの勝負服。

そんな彼女の勝負服は、自身が担当するブランド「STYLE DELI」(スタイルデリ)のベーシックな一着。

金城さん:「スタイルデリの服は一見、掛かっていると普通のシンプルな服なのですが、着ると細部のこだわりを感じたり、体型カバーに優れていることを実感できます。

なかでもこのワイドパンツは、今年らしいブラウンカラーがお気に入り。素材のハリ感のおかげで、腰周りのお肉も拾わず脚長に見せてくれる逸品です。きちんと感がありながらも、こなれた感じも出せるので、仕事もプライベートでも大活躍しています」

同ブランドの服はどれもディティールやフィット感などが計算されており、シンプルながらもスタイルアップが可能なアイテムばかりだという。服で自らを飾り立てるのではなく、服で自らの良さを引き出す、そんな勝負服である。


Tops: STYLE DELI
Pants: STYLE DELI 
Shoes: STYLE DELI 
Bag: STYLE DELI
Watch:Daniel Wellington
Scurf:STYLE DELI

ー イタリアで食を堪能。ファッション誌の1ページのような彼女の休日

アウトドア派な彼女の休日は、もっぱらバスケ観戦だという。その魅力を聞いた。

金城さん:「地元の沖縄で初めて試合を見た時、観客の声援や盛り上がりがすごくて、ライブをみてるかのような一体感を感じました。バスケをあまり知らなかった私でもすごく楽しめたんです」

また、最近は家族でイタリア旅行に出かけたと話す。

金城さん:「上京してから両親とこんなにゆっくり出来たのは初めてだったのですごく思い出深い旅行になりました。」

イタリアの街並みで。

イタリアのハイセンスな街並みにも負けず劣らず、金城さんのシンプルコーデが映えた1枚である。

ーセンスが問われる仕事だからこそ、美容にもこだわりが。

ショールームでも働く金城さんは、ブランドの顔でもあるため、おしゃれは細部まで抜かりない。もちろん美容面も意識を高く保っている。そんな彼女が最近こだわっている美容アイテムがこちら。

金城さん:リップティントは、一度付けると食べても飲んでも全然落ちないので、接客やお食事の際にすごく便利。カラーやテクスチャーも様々ですが、私はこのマットなレッドを愛用しています」

ひと塗りすれば顔色が明るくなると同時に、女度がぐんと増す。そして持続するという優れものである。こまめに化粧直しができないシーンで活躍しそうだ。

ボディメンテナンスも欠かせない。

金城さん:「ショールームでは長時間立つことが多いので、寝る前に足裏樹液シートを貼っています。これは樹液の力で体内の疲労物質や毒素を排出してくれるんです。起きた時に体が軽くなったように感じるので、これはもう手放せません」

足裏樹液シートはセルライトやむくみ防止にも効果が期待できるといわれている。100円ショップでも購入できる手軽さも嬉しい。

仕事におしゃれに自分磨きに邁進する金城さん。そんな彼女が今のポジションを確立したのは、人との繋がりを大事にしているからこそ。消費者の生の声を聞き、その人に合ったアイテムの提供を丁寧に続けた結果、今の彼女がある。

「楽しいところには自然と人が集まる」という彼女の信念のもと、今後もおしゃれな服を纏う楽しさや、自社ブランドの良さを伝えていきたいと語った。

さあ、次はどんなミューズに出会えるだろう?

text : by.S編集部

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend