【#5】簡単なのに、栄養満点。コンビニ×レンジだけの即席"いたわり飯"〜前編〜

"男は、胃袋を掴め"これは昔から変わらない、揺るがぬ事実。

28歳、OL。花嫁修業、初心者。
仕事の忙しさを言いわけに、料理なんてほとんどしたことがない。

そんな私に"時間がなくても美味しいものは作れる"そう教えてくれたのがはらじゅく畑のきみママ。きみママは、料理の相談はもちろん仕事や人生の悩みも聞いてくれる、都会で働く女性にとっての"友達以上・母親未満"な存在。

エピソード#5/看病は"3点セット"を置いて、立ち去るべし

金曜日、時刻は17:00。仕事もあともうひと踏ん張り、と気合いをいれなおす。 すると、この時間にはめずらしく、彼からメールが届いた。

「熱がでて早退してきた。ごめん、週末はむりかも」

すかさず「看病しにいくよ」と返信しかけて手がとまる。看病って、なにをすればいいんだろう…。病気のときにうれしいのは、やっぱり温かいごはんかな。

よし、きみママに相談。 すぐに返ってきたママの返事は、
「サッと作って置き手紙。好きなときに食べられる“3点セット”」とのこと。そしてママは、レシピのあとにこんなアドバイスも書いてくれた。

「彼の顔を見たら、ずっと付き添って看病してあげたいと思うもの。でも、まずは彼の体調を優先しなきゃね。料理をサッと作って30分以内に立ち去るのが本当の“いい女”だと思うわ」

出典: きみママ

■一品目 レンジでたった2分。本格茶碗蒸し

出典: 編集部撮影

コンビニやスーパーで売っているお吸い物の素開封して、出汁と具材をわけておく。お湯100ccに、お吸い物の出汁だけを入れて溶かす。少し冷ましてから1個を割り入れてかきまぜ、茶こしで漉しながらマグカップなどの器に注ぎ入れる。

【きみママポイント①】
お湯が熱いと卵白が固まってしまうから注意。人肌に冷ましてから、卵を割り入れて。食感をなめらかにするために、茶こしがなければザルを使ってもOK。

出典: きみママ

出典: 編集部撮影

あらかじめわけておいたお吸い物の具材を入れる。ボウルや丼などの底の深い器にお湯を張り、茶碗蒸しの器をおく。全体を覆うようにラップをふんわりとかけ、電子レンジ(600w)で2分ほど温める。

【きみママポイント②】
茶碗蒸しの器の大きさや電子レンジの温度によって、完成時間はまちまち。いざという時のために、自宅でチャレンジしておくといいかも。

出典: きみママ

出典: 編集部撮影

「あ……来てくれたんだ」。物音で目が覚めたのか、パジャマ姿の彼が起きてきた。頬を火照らせて、くしゃくしゃの髪でソファに座っている姿は、なんだか子どもみたい。

額に手を当てたらまだじんわり熱かった。氷で冷やしたタオルを渡して、再びキッチンに戻る。

■二品目 カップ麺より簡単。豆腐と卵の即席うどん

出典: 編集部撮影

冷凍うどん1玉を電子レンジで解凍する(600wで約2分)。解凍したらザルにあけ、水で洗ってほぐす。うどんをジップロックのコンテナに移し、さいの目切りにした豆腐と刻んだネギを散らす。

【きみママポイント④】
好きなタイミングで食べてもらうなら、ここまで作ってテーブルに置いておくといいわ。うどんを入れたコンテナの横に温泉卵とつゆを横に添えおいてね。

出典: きみママ

出典: 編集部撮影

うどんひたひたくらいの位置までお湯を入れる。フタを少しズラした状態(密封しない状態)で電子レンジで温める(600wで約3分)。温まったうどんに付属のつゆをかけて、温泉卵を上にのせれば出来上がり!

ソファでうつらうつらし始めた彼。「横になってゆっくり休んでね。ごはん作ったから、お腹がすいたら温めて食べてね」そう声をかけると、弱々しい声で「ありがとう……」と言ってベッドに戻っていった。

一晩中そばにいてあげたいという気持ちが募るけど…ここはぐっとこらえるんだ。

■三品目 栄養満点の「飲む点滴」

出典: 編集部撮影

グラスに冷たい甘酒を移す。パイナップルやみかんなどの缶詰、お好みでバナナなどのフルーツを盛りつける。

きみママいわく、甘酒は「飲む点滴」って呼ばれているくらい栄養が豊富なんだって。デザートがわりに飲めば、きっと早い回復につながるはず!

【きみママポイント⑤】
甘酒には酒かすから作られたものと糀から作られたものがあるけど、病中はアルコール分のない糀由来の甘酒がベスト。

出典: きみママ

出典: 編集部撮影

茶碗蒸しは冷めてもおいしいし、風邪のときにすぐエネルギー源になる炭水化物とたんぱく質の補給も、これならばっちり。

時計を見ると、彼の家に来てから20分も経ってない。甘酒を冷蔵庫に入れて、うどん用の器や箸も用意した。起きたときすぐに食べられるように、うどんの温め方を手紙に書いて置いておく。

「明日の朝また来るね。早く良くなってね」と書き添えて、そっと部屋を出た。


〜後編へ続く〜

◆きみママ Profile
フードカウンセラー きみママ。北参道に店を構える食のセレクトショップ・はらじゅく畑の店主。雑誌での連載やレシピ本の出版、イベントの開催など多方面で活動。多くの有名人がブログでも紹介している。簡単な家庭料理を教えてくれる「お料理教室」や、家族の健康を守る立場になった(なる)女性のための「花嫁修行塾」を開催。

◆撮影協力/UTSUWA

text : by.S編集部

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。

Recommend