猛暑に現れた癒しのデザート。新感覚“ソルティフルーツ”にやみつき間違いなし

PR:キリンビバレッジ株式会社

もはや定番になりつつある塩スイーツ。中でも、この夏の注目は“ソルティフルーツ”。美味しいのはもちろんですが、人気の理由はそれだけではないようです。

この夏の最注目“ソルティフルーツ”とは

塩キャラメルに塩バニラ、塩チョコレート・・・スイーツד塩”の組み合わせは最初は意外に思うものの、気づけばハマってしまう不思議な魅力のある味。中でも夏にほしくなるのは、フルーツ×塩=ソルティフルーツ。暑さで火照った体と気分においしく「涼」を与えてくれる、魔法の組み合わせです。

フルーツの中にも、甘味の強いものから酸味の強いものまでさまざま。それによって合うも変わってくるのです。塩を加えることでどんな効果が起きるのかを知っていれば、ソルティフルーツをもっと美味しくいただけます。まずは3つの塩の効果を理解しましょう。

①同化
苦味のあるフルーツと苦味のある塩、甘いフルーツと甘い塩を合わせると、相乗効果によりその特徴がさらに強化されます。

②対比
スイカ×塩のように、フルーツの特徴と正反対の特徴を持つ塩をごく少量加えることで、フルーツの味が際立ちます。

③抑制
塩のしょっぱさは、フルーツの苦味と酸味を抑制します。例えば、グレープフルーツにしょっぱい塩を加えると果物の苦味が抑えられてより食べやすく。

具体的なフルーツを思い浮かべてみるとなんとなく理解できますね。そんな塩とフルーツの魅力を体験できるショップが、この夏限定でオープンしました。

ソルティフルーツを体験できる『世界のKitchenから 旅するキッチン』

表参道駅から徒歩3分の裏通りにオープンした『旅するキッチン』。塩×フルーツの組み合わせを70通りから選べる生ジュースと、タイで定番の夏のデザート・ローイゲーオを楽しめます。

プロデュースするのは、自家製をキーワードに“本当に飲みたいもの”を追求し続ける『世界のKithenから』。商品開発のために世界中を旅することで、各地の家庭から知恵や工夫を習得。そこで得た学びやインスピレーションをお客様に伝えるため、さまざまな趣向を凝らした初の“体験型コンセプトショップ”をオープンしました。

訪れるとまず目に飛び込んでくるのは、広々としたオープンキッチン。大きな窓から差し込む光と高い天井で開放感いっぱいの空間は、夏の街歩きの休憩にぴったり。

そこで作られるのは、塩と果物の生ジュース(税込500円)。桃・オレンジ・パイナップル・スイカ・グレープルーツ・ぶどう・メロンの中からチョイスした新鮮なフルーツを、注文を受けてからミキサーに投入。どれも見るからに美味しそうで目移りしてしまいます。人気はスイカと桃だとか。

ジュースを受け取ったらまずはそのままひとくち。フレッシュで口いっぱいに広がる果物そのものの味を楽しんで。

そして塩のコーナーで世界各地から集められた10種類の塩から、おすすめの組み合わせの表を参考に入れる塩をチョイス。ミニカップもあるので、ジュースを小分けにして、いろんな組み合わせを試すのも◎。

#フルーツ の #生搾りジュース に、たくさんあるお塩の中から合いそうなものを選んでジュースに入れられてとても楽しかったです☺
私はメロンをチョイスしてお塩入れたら、なんだろう☝️
甘い後味がスッキリに変わって、真夏の暑い日に飲むのにすごくいいなって感じでした😍❤️❤️デザートもあるし、何にせよとっても楽しいから是非期間中に行ってみてください😊

出典: https://www.instagram.com

フルーツの生搾りオリジナルドリンクに世界各地から選ばれた塩を自分なりにトッピングして飲めるって新しい〜😳✨私は#スイカをチョイスして#ハワイのお塩を入れてみたよ〜❤️色んな組み合わせをもっと試してみたいな。涼しげな内観も好きでした(MioKatoさん)

出典: https://www.instagram.com

塩×フルーツを楽しんでいるのは、人気インスタグラマー・Mio Katoさん李雨瀟さん。ひとつまみの塩で大きく変わる味に感動のご様子。味の変化を実感したり、塩の効果を学んだり、『おいしい』だけじゃない『食の楽しさ』を体験できるのが楽しい! とのことでした。

ジュースを片手にショップ内をチェック。木製のカウンターには、本物のフルーツやシロップ漬けの瓶がずらり。見た目の美しさだけでなく、『自家製』への真摯なこだわりが伝わってきます。

世界各地で集めた“食”や“素材”にまつわる資料もずらり。実際に商品開発に使った資料も展示されています。

『味の記憶』のコーナーでは、来場者が世界各地で食べた印象に残ったものやレシピを地図に貼り付けて旅先の思い出をシェア。同じ国を訪れた人を見つけたり、次の旅先候補が見つかったり。来場者同士のさりげないコミュニケーションも、コンセプトのひとつ。

旅へのわくわく感が募ったら、タイの冷たいデザート“ローイゲーオ”(税込500円)を味わってみて。旬の果物と塩、氷を合わせたデザートで、なんとあの『ソルティライチ』の開発のヒントになったのだそう。氷を食べる新感覚と、甘いだけじゃないシロップにやみつきになること間違いなし。

フレッシュな素材と冷たい氷、塩の組み合わせは暑さでくたくたになった体に染み渡ります。ひんやり冷たいローイゲーオは、「スイカとトマト」「マンゴーとパイナップル」「桃とローズヒップ」の3種類の味を楽しめます。

素材のことや調理に興味が出てきたら、ワークショップに参加を(有料)。テーマは、塩、ジャム、ハーブの3つ。ジャムや、シーズニングソルト、ローズマリーバームを作りながら、知っているようで知らない美味しさのワケや素材の魅力を、手を動かしながら学べます。夏休みの自由研究のような気分で楽しんで。

テーブルに置かれたハーブの香りや、散りばめられた色とりどりのフルーツ。猛暑の中に現れたオアシスのような空間で、味覚の不思議を体験してみては。

Sponsored by キリンビバレッジ株式会社



Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。