「濡れたようにしっとり」が心を奪う。大人を美しく魅せる“濡れ感”演出法

PR:コスメデコルテ

気になる彼の心を惹きつけるのは、ずばり“色気”。艶やかだけれどさりげない大人の色気は、“濡れたような質感”が鍵だってご存じでしたか? 印象的な“濡れ感”の作り方をご紹介します。

“濡れ感”は4つのポイントに仕込む

1:触れたくなるしっとりデコルテ
デコルテは、女性らしい色気をもつパーツです。保湿クリームにオイルを数滴混ぜて鎖骨をマッサージしましょう。艶のある上品な首元に、彼も目が釘付けになるはず。

2:束感が魅力のウェットヘア
今年はずせないトレンドのひとつ。ワックスやスタイリング剤にオイルを加え、セットの仕上げに毛先から揉み込むことで程よい濡れ感が。トリートメント効果も期待できます。

3:“ぷるつる”が決め手の唇
少量のシアバターを唇に揉みこむようにしてなじませます。保湿とマッサージの効果で、輪郭のくっきりとした美しい唇に仕上がります。

4:“濡れ感”を湛えた目もと
この春は、透明感と艶を同時に叶える“濡れまぶた”で、大人の色気が潜むまなざしを手に入れましょう。

“濡れまぶた”の作り方

色気の漂う濡れまぶた”の決め手は、「艶」「発色」の絶妙なバランス。あくまで上品な色気を狙うなら、まぶたに自然になじむ単色グラデが正解です。重ね使いで濃淡を調節して、表情の変化を楽しみましょう。

その際重要なのは、アイシャドウの選び方。粉っぽさがなく艶に満ちた質感のものをチョイスして、濡れ感を演出。上品なツヤに色気が覗く、印象的な目もとができあがります。

シーン別“濡れ感アイメイク”

大人メイクで、“色気”と同じくらい大切にしたいのがエレガントさ。ファッションと同じように、TPOに合わせたメイクはマストです。ここでは美しい「単色グラデ」が作れると話題のコスメデコルテ『AQ MW アイグロウ ジェム』でシーン別“濡れ感アイメイク”にチャレンジ。この4月に発売され、瞬く間に完売続出の話題のアイテムで、簡単に“濡れ感アイメイク”を手に入れて。

SCENE1. オフィス

私たちの時間の大半を費やすオフィスシーンでは、メイクの使い分けがおすすめ。たとえば、大事なアポやプレゼンがある日には、凛とした表情を作り出すショコラブラウン(BR380)をチョイス。インテリジェンスと意志の強さが際立つメイクも“濡れ感”で密かな女性らしさを忍ばせて。

目の際に濃いめに色をのせ、アイホールまでグラデーションを作ります。目の下の目尻1/3にも色を入れてきっちり感を出しましょう(ヘアメイクアップアーティスト 伊藤佳奈さん)

出典: 編集部取材

デスクワークが中心の日は、リラックスムードを演出できるアッシュゴールド(GD080)をオン。ブラウスやニットなどのオフィスカジュアルスタイルに、ナチュラルかつヘルシーな輝きを与えてくれます。

上まぶた全体に塗ると光を受けて自然な立体感が出ます。ヘルシーな艶が顔全体の印象を明るくしてくれるのでオフィスメイクにぴったりです。さらに明るい印象にしたいときは、目頭にくの字に入れてあげるといいですよ(ヘアメイクアップアーティスト 伊藤佳奈さん)

出典: 編集部取材

SCENE2. デート

彼とのデートには、ローズピンク(PK880)でナチュラルなグラデーションを。頑張りすぎない、程よいヌケ感のなかにも女性らしさが際立つピンクは、大人のデートにふさわしいアイメイクです。リラックスした表情にちらりとのぞく色気が、彼の心をわしづかみに。

目の際からアイホールにむかって縦幅を出すことで、丸い目の印象を作ります。目の下にピンクの色味を足すと可愛いらしさや、潤み感がプラスされます(ヘアメイクアップアーティスト 伊藤佳奈さん)

出典: 編集部取材

SCENE3. 女子会

感度の高い女友達と集まる日は、“おしゃれ見え”するパープルグレー(GY081)をチョイス。モダンとエレガントが両立する強気な瞳が褒められポイント。いつもとは違うモードな雰囲気で、印象を格上げしましょう。

肌なじみの良いグレーなので、アイホール全体的に塗り、思いっきり色を出しておしゃれ感を楽しんで。より抜け感のあるお洒落目を目指すなら、指先に少しカラーをとって2-3回往復させましょう。ラメのきらめきをより引き出すことができます(ヘアメイクアップアーティスト 伊藤佳奈さん)

出典: 編集部取材

SCENE4. アウトドアイベント

お花見やBBQ、グランピング、フェス…。アウトドアイベントが目白押しの季節は、日差しの下で映えるカッパーブラウン(BR381)のアイシャドウがおすすめ。まぶたを彩るナチュラルなきらめきで、眩しいほどの笑顔に。肌馴染みのよさと華やかさを叶える、大人の外遊びにぴったりなカラーです。

明るめブラウンなのでアイホール全体に大胆に塗りましょう。目のまわりを程よく引き締めながらも軽さのある目元に仕上がります(ヘアメイクアップアーティスト 伊藤佳奈さん)

出典: 編集部取材

ひと塗りで“濡れまぶた”が作れる『AQ MW アイグロウ ジェム』

今回使用したのは、この春コスメデコルテから発売された、濡れたようにしっとりと色づくアイカラー『AQ MW アイグロウ ジェム』

高発色と透明感のあるを同時に実現。重ねるほどに美しい濃淡で、1色で目もとに立体的なグラデーションを作ります。さらに角度によって色と艶の変化がでるモアリフレクションパウダーを配合で、どこから見ても色香の漂う、ミステリアスなまなざしに。

また、弾力感の異なる2種の樹脂を配合することで、高い密着力を実現。まぶたの上でなめらかに伸びてフィットし、時間が経ってもヨレずに美しい仕上がりをキープします。

エレガントで高発色なカラーは全5色。シーンに合わせたメイクで、どんな時も美しく、印象的な目もとを手に入れて。

『AQ MW アイグロウ ジェム』
全5色 各2,700円(税別)

また、ただいまコスメデコルテでは、ベストセラーアイテム『リポソーム トリートメント リキッド』のミドルサイズサンプル(14ml)を先着5000名にプレゼント中。対象店舗など、詳しくは下記よりご確認ください。

新しいことに挑戦したくなる季節。メイクは、体温を感じさせる“濡れまぶた”で差をつけて。色気を潜ませた視線に、彼もきっと心を奪われるはず。

Sponsored by コスメデコルテ

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。