“ツノ泡”でなければ泡洗顔とは言えません。美容のプロが教える洗顔の新定義とは

PR:ロクシタンジャポン株式会社

洗顔と言えば、ふわふわした泡でやさしく洗うのが常識とされていますが、本当にちゃんと泡立てて洗顔できているのでしょうか。今やっている泡洗顔は本当に正しいのか、泡洗顔本来の効果を発揮するにはどうしたらいいのか。みんなが感じている泡洗顔に関する疑問を美容の専門家に聞いてみました。

今回お話をうかがったのは、グローバルビューティープロデューサーの右近りささん。都内で働く20-30代の女性52名に聞いた「洗顔に関するアンケート」*調査結果とあわせてご紹介します。
*2015年9月:編集部にてヒアリング n=52名

泡洗顔のメリットとは

■洗顔のときにちゃんと泡を立てて洗っていますか?
はい       50%
いいえ      50%

■泡洗顔の効果やメリットを知っていますか?
はい       27%
いいえ      73%

肌にやさしいってくらいかな…(25歳 制作職)

出典: 編集部調べ

約半数が泡洗顔しているものの、その効果についてはあまりよくわかっていない様子。

「泡洗顔の1番の効果としては、泡によってお肌への直接の摩擦が少なくなること。摩擦はシワやシミの原因にもなるので、お肌に対する刺激を減らせる泡洗顔は、是非取り入れていただきたいです。また、泡が目に見えるので、洗顔料を顔に均等にのせられてしっかり洗えるのもポイントですね」(右近さん)

■手で泡立てて洗顔することは面倒だと思いますか?
はい       73%
いいえ      27%

基本は顔くるくるしてるうちに泡が立ちます(25歳 アルバイト)

出典: 編集部調べ

■泡立てスポンジ・ネット等を使っていますか?
はい       27%
いいえ      73%

昔はネット使ってたけど、ボロボロになったところでやめました。(33歳 営業職)

出典: 編集部調べ

顔の上で泡立てようとするのが、とてもお肌に悪いんです!顔の上で泡立てようとお肌をこすることによって、お肌に刺激を与え、さらに細胞間脂質をより洗い流してしまい、乾燥や炎症を引き起こしてしまうことがあります」(右近さん)

では、どんな泡で洗うのが正解なのでしょうか。

意外と知らない泡の定義

■貴女が立てている泡はどんな泡ですか?
モチモチしていて弾力がある       45%
ほとんど泡とは言えない         30%
泡がしゅわしゅわしていて水っぽい    15%
綿菓子のようにふわふわしている     10%

5,6秒しゃかしゃか泡立てますが、ほとんど泡とは言えないかも。。(28歳 アルバイト)

出典: 編集部調べ

「泡洗顔の良さを発揮するために必要な泡のかたさは、“ツノ”が立つくらいでしょうか。顔に置いて流れない程度のかたさは必要ですね」(右近さん)

“ツノが立つ”と回答した人はゼロ!結果、ほとんどの人が正しい泡洗顔をできていない可能性も。では、正しい“泡洗顔”をするための“泡”はどのように作ったらよいのでしょうか。

泡立てネットを使用するのが1番早くて質の良い泡ができますが、使っている人は案外少ないですね…。手で泡立てる場合は、まず水分の量は少なめにして少しずつ足していき、手のひらを丸くして、空気を少しずつ含ませるように手早く泡立てるのがコツです」(右近さん)

泡で出てくる洗顔フォームを使うのもひとつですね。泡立てる時間も省略出来るし、今売れているものは泡がこっくり出来るものが多いように感じます」(右近さん)

泡の洗顔フォームは、時間と手間を惜しむ多忙女子たちには、救世主的な存在かもしれません。では、プロが考える正しい“泡洗顔の作法”とは、どのようなものでしょうか。

「顔にのせる前にしっかり泡立てる。しっかりとした泡で、やさしくお肌をなでる。そしてしっかり洗い流すこと。どんな洗顔でもここだけはきちっと守っていただきたいです」(右近さん)

そんな、プロの厳しい基準も余裕でクリアする、“ツノ泡”が瞬時にできる弾力泡クレンジングフォームをご紹介します。

“ツノ立ち”弾力泡が瞬時にできる『ロクシタン イモーテル インテンスクレンジングフォーム』

弾力のある濃密 “ツノ泡”が瞬時に作れるのは、発売早々に美容雑誌等でベストコスメにも選出された人気アイテム『ロクシタン イモーテル インテンスクレンジングフォーム』。

南フランス プロヴァンス発祥のナチュラルコスメブランド“ロクシタン”。スキンケアラインの中で一番人気なのが、摘み取った後も鮮やかな黄色い花を咲かし続けることから“永久花”と呼ばれるイモーテル、その驚異的な生命力をギュッと濃縮したイモーテルエキスを配合したスキンケアシリーズです。

そのイモーテルシリーズから今年6月に発売され、瞬く間に大ヒットした『イモーテル インテンスクレンジングフォーム』は、何と言ってもモチモチとした弾力のある濃密泡”がワンプッシュで出てくるのが特長です。

その泡の弾力は、手のひらにのせて逆さにしても垂れ落ちず、長時間置いてもまだこんもりとツノ立った姿を残すほど。

そんな、手では作ることのできない濃密できめ細かいホイップ泡が肌の凹凸にもぴったりと密着して、毛穴の中の汚れをすっきりオフ。マイクロフォームに溶け込んだイモーテルエキスが潤いを残しながらやさしく洗い上げます。

やさしく心地のよい泡に包まれる洗顔タイムは、肌への洗顔ダメージを減らすだけでなく心まで癒やしてくれるに違いありません。

肌も心も癒やしてくれる『イモーテル インテンスクレンジングフォーム』で、毎日の泡洗顔が楽しみになりそうです。

取材協力

右近りささん
㈱bebliss 代表取締役。グローバルビューティプロデューサー。
美容家のプロが集まるエージェンシー『BICHELIN(ビシュラン)』メンバー。
米国州立大学において理学士(マーケティング専攻及び経済準専攻)を取得。
米国においてパーソナル カウンセリングを行う傍ら、アロマセラピー、サプリメント、コスメトロジーなどの分野を学ぶ。現在は、国内のみならず海外の美容・健康分野において商品の企画開発、マーケティングコンサルティングを主とし、執筆やコメンテーター、セミナー講師、パーソナルカウンセラーとしても活動中。

Sponsored by ロクシタンジャポン株式会社

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。