まるで羽のよう!“第3のファンデ”がファッショニスタたちに愛される3つの理由

PR:日本ロレアル

イギリスで1万2000人もの予約が殺到したという、イヴ・サンローラン・ボーテの新作ファンデーション『タン アンクル ド ポー』。日本でも愛用中のモデルやアーティストたちが続々とブログやインスタグラムに投稿、そのまったく新しい質感と仕上がりから“第3のファンデ”と呼ばれてファッショニスタたちの間で話題になっています。

ファショニスタたちに愛される3つの理由

『タン アンクル ド ポー』は、日本上陸以来、美容ジャーナリストやメイクアップアーティストたちの注目を集め、やがて撮影現場などを通じてモデル、スタイリストなどのトレンドセッターに伝播、愛されてきました。多くのファッショニスタたちを虜にしたその理由を紹介します。

1.羽のように軽くサラサラとした質感

『タン アンクル ド ポー』は、インク構造に着想を得た、まったく新しい“リキッドパウダーファンデーション”。肌にのせるとリキッドが瞬時にパウダー状に変化、肌にすっと浸み込み、表面には色素だけをヴェールのように残します。これまでにないサラサラと軽い質感はメイクを施されるモデルたちに驚きを与えました

2.薄づきで叶える上質な素肌感

ファンデーションは、肌と一体化するかのように密着し、ナチュラルな素肌感を再現。薄づきなのに毛穴や色ムラなどをしっかりカバーしてくれるので、これ1本でも上質でセミマットな仕上がりに。また、重ね塗りしても厚ぼったくならないので、化粧直しやしっかりメイクにも対応できます。ファッションに合わせた使い方ができるのも優秀なポイント。

基礎化粧品の後に指で顔全体になじませるだけで、リキッドなのに薄~く スルスル~と肌になじみ、そのままべたつかずさらさらのパウダー感覚に変化。私は乾燥肌でツヤも欲しいので、その後にフェイスパウダーも使わないでこのリキッドファンデーションのみ。(モデル 荻原桃子さん)

出典: http://ameblo.jp

3.つけたての仕上がりが続くロングラスティング

「深夜24時鏡も見ずに彼のもとへ走れる」そんなドラマティックなキャッチコピーが表すように、乾燥・汗・皮脂など化粧崩れの原因から肌をしっかり守るので、美しい仕上がりが1日中持続(*1)します。屋外や長時間の撮影にも化粧直しがいらないロングラスティング処方で、モデルやアーティストたちに感動を与えました。*1 YSL調べ。個人差があります。

イベントや撮影現場などいわゆるバックステージで伝播された『タン アンクル ド ポー』の魅力は、モデルやスタイリストなど多くのファッショニスタによって発信されています。リアルな感想をチェックしてみて。

“第3のファンデ”『タン アンクル ド ポー』

『タン アンクル ド ポー』は、リキッドでもパウダーでもない、まったく新しい“リキッドパウダーファンデーション"。リキッドが肌の上でパウダーに変化する新形状で、リキッドのなめらかさとカバー力、パウダーの手軽さと持続力を兼ね備えた“第3のファンデーション”です。

また、タキシードからインスピレーションを得たシックなボトルデザインやカリグラフィーの羽ペンを模したアプリケーターなど、細部にまで美を追求する姿勢も、ファッショニスタたちを惹きつける理由のひとつと言えます。

LE TEINT ENCRE DE PEAU タン アンクル ド ポー
SPF18/PA+++
25mL 6,500円(税抜)

手軽さと仕上がりを同時に叶え、ロングラスティングまでもを可能にした『タン アンクル ド ポー』は、まさにこれからの季節に最適な1本です。

ファッショニスタたちが注目する“第3のファンデーション”を、貴女も体感してみてはいかがでしょうか。

sponsored by 日本ロレアル

Edited by by.S 編集部

女性の美しさを後押しする"ファッション・美容"情報をお届け。