「シャワー洗顔=NG」はもう古い? 昨今のシャワーヘッドがすごすぎる

「洗顔をするときに、シャワーで洗顔料を洗い流すのは肌によくない」という話を聞いたことがあるひとが多いのでは? でも、その常識はもはや古いかも…。最新のシャワーヘッドを使えば、逆に美肌に近づける!? シャワー洗顔の実態と最新シャワーヘッドの魅力をご紹介。

シャワー洗顔がNGと言われていた理由とは?

水圧が強すぎる

洗顔料をすばやくしっかり長そうとするあまり、シャワーの水圧が強いことがよいと思ってしまう。水圧が強いと肌への刺激も強くなる。毎日シャワー洗顔をしているとシワやたるみの原因になってしまうことも。

お湯の温度が高い

洗顔はぬるま湯がよいとされている。その適温は体温よりも少し低い32度くらいがおすすめ。シャワーは38〜42度くらいなので洗顔をする温度としては高すぎるのだ。お湯で洗顔料を洗い流すと肌が乾燥してしまうので要注意。

肌にお湯が当たる時間が長くなりがち

シャワーの場合、流れてくるお湯に顔を当てているだけでよい。つい長い時間流し続けてしまうことも少なくない。肌にお湯が当たっている時間が長いとそれだけでも肌の乾燥が進んでしまう。

塩素が残留している可能性あり

シャワーのお湯に水道水に含まれる塩素が残留していると、それが肌にそのまま当たることになる。塩素には肌や髪のたんぱく質を劣化させてしまう。これによって肌はハリがなくなったり、乾燥しやすくなったりしてしまうというわけ。

最新のシャワーヘッドなら洗顔OK!

最新のシャワーヘッドは使うだけでいいことがたくさん。
まず、超微細なミクロサイズの気泡「マイクロバブル」や「ウルトラファインバブル」が毛穴や小ジワにも入り込んで汚れをしっかりとオフ。シャワーの水流だけで高い洗浄力が期待できる。

また、塩素除去機能や浄水効果があるシャワーヘッドも見かける。肌によくない塩素をかなりの割合で除去できれば、顔にもボディにも安心して使えるのでうれしい。

先ほど洗顔をするには水圧が高すぎるという問題があったが、最近のシャワーヘッドは水流の切り替えができる。水流の強弱が調整できれば顔は弱、ボディは強のようにパーツによって変えることができて便利。

シャワー洗顔NGどころか、逆に洗顔の際にもシャワーを使った方が美肌効果が高まりそう。さらに、節水効果があることが多い。水だけでしっかり汚れが落とせて、肌にやさしいうえに、節水効果まであるなら使わない手はない!

最新シャワーヘッドの実力をお試し

出典: 編集部撮影

最新シャワーヘッドの代表格といえば、CMでおなじみのサイエンス社「ミラブルplus」。顔に油性ペンで書いたものがシャワーをかけて軽く擦るだけで落ちるというCMが話題に。

その最大の特徴はウルトラファインバブルを超高速渦流で生成すること。髪の毛よりも微細なウルトラファインバブルが、肌のキメのすみずみまで入り込んで汚れをすっきりとオフ。

毛穴の大きさが100〜300マイクロメートルなのに対して、ウルトラファインバブルは1マイクロメートルなので、毛穴に入った汚れを洗い流す。油性ペンが落ちるのは肌と油性ペンの間にウルトラファインバブルが入り込むから。

ゴシゴシと擦らなくても汚れが落ちるから肌への負担も少なくて済む。まるで美顔器のようなシャワーヘッドといっても過言ではない。

出典: 編集部撮影

油性ペンやウォータープルーフのアイライナーなども、「ミラブルplus」ならシャワーをかけるだけでここまで落ちる。

シャワー洗顔はむしろ美肌になれるという新常識は最新シャワーヘッドがあってこそ。洗浄力の高さや節水効果までたくさんの機能を備えている優秀なシャワーヘッドをぜひ活用したいところ。最近では、さまざまな種類のシャワーヘッドが出ているので、自分に合ったものを探してみて。

取材協力/株式会社サイエンス

text : Yukari Shirai

supervised by

公式
by.S編集部

最新ファッション・美容情報に日々揉まれながら、美の修行中。プライベートではアート、ダンス、韓国、バンド…と個々に芸を肥やす、アラサー世代の編集部。
by.Sチャンネル「現場のスクショ話」で土曜日(不定期)配信中!

Recommend