• 旬は短し、試せよ乙女

【質感マップ付き】ヘアスタイルの要「シアバター・オイルの選び方」

自分に合ったヘアスタイルを楽しもうとするとき、カットのデザインやどんなカラーにするかも大事だけど、スタイリング剤選びも重要だと知ってた?

流行や友人のオススメアイテムを使っても、自分のなりたい姿を表現できない場合も。

そこで今日は、人気美容室SIX代表・久保雄司さんに、シアバター・オイルの選び方を教えていただいた。

ヘアスタイルを決めるシアバター・オイル、ちゃんと選べてる?

近年、シアバターやオイルを使うのが主流になっているけど、選び方を間違えて失敗したことはないだろうか。

例えば、オイルを使ったら重くなり過ぎてしまい、「わたしにオイルは合わない」と思ってしまうなど。でもそれは、ちょっともったいないかもしれない。

一口にオイルといってもいろんな質感のものがあるから、自分に合ったものを選べるようになろう!

シアバター・オイル 質感マップ

レベルの数字は、0に近くなるほど質感は軽く、10に近ずくほ質感は重くなる。

出典: ライター作成

シアバターとオイルは厳密には違えど、スタイリング剤としてはワックスを使っているときと同じような解像度なのだそう。

そのためマップでは区別してご紹介したものの、すべてチェックしたうえで総合的に考えて、自分の目的に合ったものを選んでみて。

シアバター

出典: ライター作成

・質感レベル2 モイ クリーム グローリーゼア
60g ¥2,860(税込)

手肌にも使えるナチュラルケアのマルチクリーム。髪をケアしながら、ヘルシーなツヤで やわらかくナチュラルに仕上がる。

出典: ブランド提供

・質感レベル4 オーバイエッフェ リッチスタイルバーム
40g ¥2,860(税込)
ヘアスタイリングはもちろん、髪、肌、ネイルなど全身にうるおいを与えるバーム。スタイリング力を高めながら、潤いとツヤを与え、紫外線ダメージから守る。

・質感レベル5 モイ バーム ウォークインフォレスト
37g ¥2,860(税込)

天然精油であるビャクダン油(サンダルウッド)、ユーカリ葉油配合の、アロマティックウッディの香り 。オイル配合のベタつかないバームで潤いが続く。ボディにも使用可能。

出典: ブランド提供

・質感レベル7 エヌドット ナチュラルバーム
45g ¥2,200 (税込)

マンダリンオレンジ&ベルガモットのさわやかな柑橘系の香り。天然由来成分のみで作られており、髪にも肌にも使えるマルチユースタイプ。

・質感レベル8 ザ・プロダクト ヘアワックス
42g ¥2,278(税込)
自然由来原料から、髪と頭皮に必要な材料を厳選してつくられたバーム。適度なホールド力があり、艶っぽく濡れ髪スタイルに仕上がる。柑橘系の香りで爽やかな気分に。

オイル

出典: ライター作成

・質感レベル3 オーバイエッフェ リッチオイル
80mL ¥3,410(税込)
さまざまな種類のビタミンを豊富に含むゴールデンホホバオイルをはじめとする、保湿と柔軟効果に優れたオイルを配合。乾燥を防ぎつつ、べとつかない使用感。

・質感レベル5 モイ オイル レディアブソリュート
50mL ¥2,860(税込)
天然精油であるイランイラン花油、ラベンダー油配合のエキゾチックフローラルの香り。軽い質感のオイルでツヤを味方につけて、なめらかな手触りの髪に。

出典: ブランド提供

・質感レベル8 エヌドット ポリッシュオイル
150mL ¥3,740(税込)
マンダリンオレンジ&ベルガモットのさわやかな柑橘系の香り。適量を髪に塗布すると濡れたような質感を長時間キープしてくれる。

・質感レベル9 ダヴィネス オーセンティック オイル
140mL ¥4,730(税込)
毛先のダメージを補修し、艶やかな髪をキープ。ウェットなこなれスタイルも、全身の保湿も植物の恵みで叶えてくれる。アロマブレンドのやさしい香りで、就寝時もオススメ。

・質感レベル10 ザ・プロダクト ヘアシャインセラム
50mL ¥2,200(税込)
シルクのようななめらかさとツヤを与える、髪のためのオイル状美容液。髪に潤いをたっぷりと与え内側からダメージをしっかり補修し、ごわついた髪もまとまる髪に導く。

自分に合う選び方

まず、自分の髪の毛に合っているのは大前提ですね。髪質が細いひとは、重い質感のものは難しいと思います。そのうえで、「こうなりたい」で選ぶといいです。

例えば、束感を出したいのか、動きつけたいのか。動きをつけたいのに重いバームでは動きは出ないので、自分の出したいイメージのフィットするものを選んでほしいです!

コメント: 久保雄司さん

毛束感を出したいときや濡れたようなツヤ感を出したいときは重めのアイテムが使いやすく、軽やかに動きを出したいときは、軽めのアイテムを選ぶといいのだそう。

そこで、今回ご紹介した10のアイテムの中から、質感レベル9 ダヴィネス オーセンティック オイルと、質感レベル3 オーバイエッフェ リッチオイルを使い比べてみた。

出典: ライター撮影

写真左は、髪にまとまりとツヤ感が出て、重い質感のオイルの良さが活かされた結果に。右はふんわり巻き髪にも使いやすい、軽やかな仕上がりになった。

同じ髪のコンディションでも、目的を意識してアイテムを選べば、ぐっとなりたい自分に近づける。

シアバターもオイルもそれぞれの良さがあるので、どれかひとつだけに決めなくていい。あなたの髪質や今の髪型、なりたいスタイルに合わせて変えてみよう!

Channelバックナンバー

旬は短し、試せよ乙女

配信日:木曜日(毎週)

トレンドのメイクテクや最新アイテムの取り入れ方を指南。

text : Natsuko Kondo

supervised by

SIX 代表
久保 雄司

雑誌やWEBなどでヘアメイクとして活動し、全国でイベントを行う。2016年に『#クボメイク』(講談社)出版、17年には東京・表参道に美容室【SIX】をOpen!
by.Sチャンネル「旬は短し、試せよ乙女 」で木曜日(毎週)配信中!

Recommend